CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

アロハ・アロハ・アロハの8マン

f:id:gemini-yahata:20190501163220p:plain

なんとなく肌寒い連休。

しかし、確実に日が長くなっておりますなあ。


こう、夏が近づいて来ると、

つい買ってしまうものの一つがアロハシャツ。

 

まあ、こう言うシャツは、

若造が着る分にはいいが、

私くらいの年齢になって来ると、

なんと言うか、地獄の釜がまた一つ

口を開くわけですわ。

 

 

もう、値段もピンキリですし、

素材にも好みがありますわな。

シルク、レーヨン、綿、ポリとの混合素材、etc。

 

柄にもいろいろございまして、

所謂南国系、和柄幾何学

もうなんでもござれですわな。

 

で、ここで推すのがロミオ!

 アロハの金字塔!

 

と言う事はですよ、

毎年1枚ずつ買ったとしても、

20年で20枚。

 

これが2枚なら、40枚。

3枚なら・・・。

 

 

ミニマリズム

ミニマリズム

 

 

しかもですよ、暑くなったからと言って、

毎日着られるわけではありませんしねえ。

ジャケットとあわせたり、

休日に着たりしても、限界があるわけです。

 

となると、着ない枚数も

毎年増えるわけですな。

しかし、改めて観てみると、

どれもこれも美しい。

となると、捨てるわけには

いかないわけでございます。

 

しかし、塵も積もればなんとやらで、

侮れない物量と化します。

となると、手入れに膨大な時間と

コストがかかり始めるわけです。

 

 

 

しかし、若い頃とは違って、

それなりに銭も稼ぐわけですから、

つい上物に手が出ちゃいます。

 

となると、基本買い増し!

一体何やってんだ俺?

的な展開になるわけですよ。

もう、これ無限地獄でありんすな。

 

先日、そのような話しを知人にしたところ、

 

「お前、衣類って消耗品だと分かってる?」

 

と、尤もなご意見をいただきましてね。

 

「馬鹿野郎!何言ってんだ!そんなわけがない!俺が持ってる一番古いアロハは、30年は着続けてるぞ!」 

「そういうのは、ヴィンテージじゃねえ、ボロって言うんだ!」

 

と返されましたので、

 

「今着てるやつで、15年くらいだ。これボロに見える?」

「お前さあ、そのうち、服のために部屋がいるようになるぞ」

 

と忠言されたので

 

「すでに、なっておるわい!」

 

と胸を張ると、

 

ふか~~~~~~~い溜息をつかれました。

 

 

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる

 

 

と、いいつつ、今年も

竹の繊維でできたのを一枚、

銀行行ったかえりにふと見つけた店で

サン・サーフの和柄を一枚購入済み。

 

おまけに、ダボシャツや、

鯉口シャツまで最近は気になり始めた。

大丈夫か、俺?

 

 

と、考えていると電話がきた。

明日、最近仕立てた芭蕉布の夏着物が届くらしい。

 

「うっほほ~い!」

 

と喜んでいる俺がいたりして・・・。

その俺が今日着ているのは、

羽裏で有名な京都の岡重の

麻のアロハだったりして・・・。

 

必要十分生活

必要十分生活

 

 

 

「美しいきもの」という雑誌が

仕事机の上にあったりして・・・。

 

 

108個あるという煩悩。

ならば釜の数も108個であろうなあ。

いくつ目まで俺は開けてるんだろうなあ。

まあ、いい。

 

どうにかなるだろう!

どうにかなってきたんだし!

奇麗なアロハに

洒落たジャケットを引っ掛けて、

口笛吹いて胸はって、

渡って行こうぜ、浮き世の波を!

 

 

あるミニマリストの物語―僕が余分なものを捨て人生を取り戻すまで

あるミニマリストの物語―僕が余分なものを捨て人生を取り戻すまで

  • 作者: ジョシュア・フィールズ・ミルバーン,ライアン・ニコデマス,Joshua Fields Millburn,Ryan Nicodemus,吉田俊太郎
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2016/04/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

そう言えば、新しい浴衣にあう

雪駄を買わなきゃあなあ・・・。

と、新しい釜の蓋がまた一つ・・・

 

 

ミニマリストとか、ビョーキだよね。うるせーよ!でクリック!)