CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

精霊流しの真実 青さんのさだまさし

f:id:gemini-yahata:20180812214313j:plain

線香花火が見えますか、空の上から。

 

絶対見えねーよ、な青さんの

長崎からのご報告です。

 

こうね、静々と進む灯篭船。

無言のうちにしめやかに流れる時間。

 

ところが、実際は耳栓をまず買わねば!

な数時間。

 

現実はいつも想像を超えていますね。

ではさっそく!

 

 

===========

 

泣くように響くバイオリンの旋律、

それに続いて抜けるような

ハイトーンボイスの歌声が始まります。

 

去年のあなたの想い出が…

www.youtube.com



さだまさしの名曲「精霊流し」です。

どんなイメージですか?

私は多分、

川面に浮かんだ幾百の

仄明かりの小さな船が

ゆっくりと川を流れていく。

ような感じだと思います。

 

 

静かな、夏の夜のお祭り。

幻想的な風景…

なにか、すごい素敵ですね。

 

f:id:gemini-yahata:20180812215106j:plain

 

 

まちがいですよ!

さすがさだまさし

 

 

 

長崎市民の爆竹消費量は、

二位以下をぶっちぎって一位でしょう。

この意味をご理解いただけますか?

 

長崎の精霊流しは、

初盆の家が船を仕立てて、

亡くなった方を西方浄土へ送る行事。

船と言っても

海には流しません。

決まったルートを引いて行く、

山車のようなものです。

 

小さなものは、刺し身船ぐらいから。

大きいものになると

 

f:id:gemini-yahata:20180812215358j:plain

 

 

こうなります。

これ、さだまさしさん家のお舟です。

この、大小様々な精霊船が、

ものすごい勢いで爆竹を

鳴らして歩くわけです。

 

動画がありました。

佐田家ははずんだようです。

 

www.youtube.com

 

  

どのぐらいの量かといいますと、

線路を掃除しないと

路面電車が通行できなくなるんです。

大量のカスが出るんですね。

爆竹の残骸が、

雪のように降り積もる精霊流し

 

爆竹を大きなダンボール箱で買って、

足りなくなって買い足したりね。

 

なので、音がうるさいなんて

当たり前です。

それより危険さの方が問題でしょう。

こんな風景がそこらじゅうで見られます。

 

 

f:id:gemini-yahata:20180812215424j:plain

 

パンパンとか、バンバンとか、

バチバチとかなんて音はしませんよ。

 

 

長崎では「ジャー」となります。

この音が近いんじゃないでしょうか。

 

www.youtube.com

 

いかがでしょう?

 

赤い箱を、缶ビールの空き箱に

ゴソゴソっと放り込んでね。

f:id:gemini-yahata:20180812215611j:plain

これが詰まったビールの箱。。

そこに、ドラゴンとかの花火を放り込むんです。。

 

これをダンボールのなかに。

 

f:id:gemini-yahata:20180812220759j:plain

爆竹って、導火線に火が普通でしょ?

長崎ではノンです。

火元自体が花火です。

 

 

バカじゃないかと思いますが、

そういうものなのです。

ビールの箱から、ジャーと鳴り響き

火花が吹き出してくるんです。

意外に明るいのです。

 

何がしたいのかわかりませんが、

派手なことだけは間違いなく派手です。

 

 

当然やけどはします。

全員耳栓は標準装備です。

 

 

精霊流しはね、

終わった後が寂しいのです。

昔は海に流していたそうですが、

今頃はそうもいきません。

解体して廃棄です。

 

f:id:gemini-yahata:20180812221111j:plain

 

 

この風景は、

さだまさしの曲調とぴったり。

物悲しくて、切なくて。。

 

 

精霊船は、初盆の行事。

流している人たちは、

全員家族や友人がなくなった方です。

 

最初のお盆はね、

生々しいんですよ、悲しみが。

それを、閃光と爆音で

わっと賑やかに送るわけです。

 

長崎で、お盆に火薬を

おそらく、大陸文化の影響でしょう。

 

日本的なお盆と、

大量の爆竹と。

不思議な調和を見せる街、長崎。

 

今年も開催は8/15です。

交通規制がかかりますので、

調べてからお越し下さい。

また、相当うるさいので

耳栓をもってくると安心です。

 

爆竹の音と閃光。

火薬の匂いと煙が充満する中、

しずしずと進む精霊船

 

通り過ぎたあとに残る、

少しの寂しさ。

 

結構派手な行事だと思いますが、

祭りの後の気分まで含めて、

味わい深いものです。

 

長崎は夜に限る。

一見の価値はあると思いますので、

ぜひお立ち寄りくださいませ。

今年も8月15日。

 

それでは。了

 

=========

 

ギターの弦で指を切る、とか。

ウソですね。

 

子どもがはしゃぎまわっていたら、

マジ危険という行事のようです。

 

話しを聞く限りでは、

熊野の大花火に近いような。

 

www.kumano-kankou.info

 

アレも送り火なんですよねえ。。

日本では、生きるも死ぬも大変なことです。

 

お盆だねえ。。

 

(行くば極楽、退けば地獄。と坊主が昔言ったのよね。まあそれでもクリック!)