CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

真夏のオートバイ その10 青さんのオートバイへの道

f:id:gemini-yahata:20180724191439j:plain

耶馬渓からどうも出られない青さん。

意を決して発進しましたが。。

いかんせん暑い。。

chuff.hatenablog.com

 

熱中症一歩手前。

実に危険な状態です。

 

その危険をかえりみないのは、

だってライダーだから、でしょうな。

 

ではさっそく!

 

 ==========

 


びっくりするほど交通量の

すくない道路でした。

しかし走る分には大歓迎です。

 

 

途中にあるトンネルが、

涙がでるほど涼しくて。

 

 

どんどん伸長している気配のある

中津日田道路ですが、

耶馬渓からは次のIC、

耶馬渓山移までの5キロのみが走れます。

 

あっという間ですし、

どこがどう短縮できたのかは

わかりませんが、

きっと日田に近づいたことでしょう。

 

ともあれ、出した速度の分だけ

気は楽になりました。

ちょっと涼しかったですしね。

自動車専用道路を降りると丁字路。

 

「←本耶馬渓」「→深耶馬渓・玖珠」

 

耶馬渓を走る上で

困るのがこれです。

 

耶馬渓

耶馬渓

耶馬渓

耶馬渓

 

 

頭の部分が入れ替わる

耶馬渓シリーズが、

青いカンバンに次々に現れます。

 

私が言うのもなんですが、

くどいんです。

 

土地勘のある人にとっては

よくある案内でしょうが、

そうでない私にとっては

間違い探しのクイズです。

 

○○耶馬渓では

どこに向かうのかわからない。

しかし、玖珠ならわかる。

 

玖珠は、今いる場所から

南にあるはずなので、

微妙に方向が違う気がします。

となれば、本耶馬渓

目指すほうがいいのではないか。

 

それにほら、本耶馬渓

いうからには、

ベーシック耶馬渓ということでしょう?

 

根拠はありませんが、

極端に困るような場所には

たどり着かないと思いました。

 

左に曲がって走り出すと、

すぐに湖が見えます。

 

お、このへんで湖ということは?

 

着いたのは耶馬溪ダム。

この辺を走っているライダーさんの

動画や写真だとでてくる率が高い、

巨大な「噴水」が見られる場所であります。

 

f:id:gemini-yahata:20180724165144j:plain


 

ブシャー!と吹き上がっている噴水は、

水質の維持を目的としたもの

なのでしょうが、景観に華やかさを

添える役割も大きいように思います。

これは絵になる。

 

 

まっすぐ吹き上がっている

噴水を眺めていると、

徐々に勢いが減っていきます。

どうやら、2パターンの噴水が

切り替わっているようです。

 

 

噴水の切り替わりに

出会えたのはいいタイミングでした。

やはり、選択は

「本耶馬渓」で正しかったようです。

 

f:id:gemini-yahata:20180724165221j:plain

 

しかし、写真を撮っていても暑い。

 

急いで出発しましょう。

 

耶馬溪ダムを出発して

しばらくすると信号。

そこを左折すると、

見覚えのある道になりました。

どうやら来た道、

国道212に復帰したようです。

走っていくうちに建物が増えてきて、

なんとか日田市に。

 

ガソリンスタンドで、まずは給油。

  

レギュラー149円。

下がりませんねぇ…

少し早めの給油だと思っていましたが、

13リットル弱はいりました。

結構減っていたんですね。

ガソリンスタンドが延々と無い

山道も結構ありますから、

用心に越したことはありません。

 

新鮮なガソリンを

満たしたタンクでも、

ひんやりした感覚はなく。

 

困ったものだと思いつつ、

少し戻って右折して、

少し丘を登ると

いいちこ日田蒸溜所」が見えてきました。

 

chuff.hatenablog.com

===========

 

ガソリンタンクが熱くなってる。

これは思っている以上に危険です。

 

実は、友人のハーレーが燃えたことあるんです。

もう、何十年か前のことですが、

はっきり覚えています。

 

黒いタンクのハーレーでした。

ときは真夏の大阪喜連瓜破

読むのが難しい地名の常連ですね。

 

2台でその直前に満タンにして、

別の友人宅に行ったんです。

季節は今頃。

用事が済んで出てくると、

タンクからガソリンが

蓋のとこからボコボコ漏れているんです。

日差しと、エンジンの熱でタンク内が

高圧になり、ガソリンが吹き出してたんです。

 

「うわ!やべえ!」

 

と言っていると、ドカン。

見事に火柱が上がりました。

笑ったのは、それでタンクが吹き飛んで、

車体はあまり燃えなかったんです。

タンクは火だるまのまま、

公園の砂場に落ちました。

 

改造タンクだったので、

圧抜きがなかったんでしょうね。

こんなタンクでした。

f:id:gemini-yahata:20180725155153j:plain

 

あまりに暑い日で、

公園に子供がいないのが幸いでした。

友人のマンションの消化器で消しましたね。

 

オートバイを日向に停めるのは、

そういう危険性ありますよ。

 

(ガソリンって、思ってるより危険な液体。みんな気をつけようね!でクリック!)