CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

神戸元町物語 ホットケーキの匂い 元町サントス

f:id:gemini-yahata:20180615183551p:plain

ホットケーキとパンケーキを、

どこで分けるかは知らないんですが、

まあ、ここのは「ホットケーキ」でしょう。

 

元町商店街の中で、

1960年ごろからやってるはずです。

お店の中は、甘いホットケーキの

匂いで溢れています。

 

そんな元町サントスさんです。

 

 

f:id:gemini-yahata:20180615183746j:plain

 

まあ、この雰囲気。

良う続いてますね。ホンマに。

 

入り口からして、中華街の入口ぽいです。

 

f:id:gemini-yahata:20180615183900j:plain

 

今より、はるかに異人さんが多かった時代、

その頃の中華街は、結構ヤバい街でした。

 

月は流れ、この喫茶店は残ったわけです。

 

さてマロンを

頼むとしましょう。

こんなのきます。

 

f:id:gemini-yahata:20180615184153p:plain

 

もうね、カロリーがどうとか、

炭水化物がどうとか、

カラダに良いとか悪いとか、

いいじゃないですかねー。

 

私ねえ、体にいいとこもしてますよ。

でもねえ、何かというとそればっか言うのもねえ。

 

私が思うに、人間は情報の中で、

案外自分の欲望だと勘違いしてること

多いんだと思いますよ。

 

こういうのは、とりあえず、

パクリ!

 

もぐもぐ。

 

うひー。

 

とか言うのがお作法でしょうなあ。

 

ここで、あれは何人でしょう、

外国の人たちが食べてたんですね。

聴いてもピンとこない言語だったので、

ポルトガル系の言葉かもしれません。

最近、南米からたくさん来てますからね。

 

その人達のノリがね、実に良かった。

 

シロップをお代わりして、

アイスコーヒーに驚き、

ガシガシ食べて、

笑い合ってました。

 

そう、実はアイスコーヒーって、

世界的に珍しいんですよ。

私の知る限り、缶コーヒーも珍しい。

しかもそれが美味しいなんて!

 

それを、ワーワー言いながら、

楽しそうでした。

 

そうですよね、ホットケーキってのは、

そういうふうに食べるのが

きっと美味しいですよ。

 

「こんなカロリーとったら、もう一回恋しないとね!」

「マンマ!誰とするのよ!」

「もちろん、あなたのお父さんとよ!」

「おいおい、みんな落ち着きなさい。どれどれ」

「これはきっと、恋の味!」

「おお、本当だな、これは恋しないと太ってしまうぞ!」

「あなた、誰と恋に!!?」

「もちろん、君さ、ハニー」

「もう、いい加減にしてよ!恋は若者のもの!」

「あらあら、若い子は辛抱が足りないわね」

 

ここまですべて妄想!

 

だって、聴いてても分かんないんですもん。

でも多分、そういうノリの会話だったんじゃないかと。

 

しかし、この歌詞。。

かなりパンクですなあ。

 

 

そうですね、それです。

ここでホットケーキを食べる若者に、

多き恋と幸あれと!

 

などと思いながら、

私もマロンを食べていました。

 

(いいよね、陽気で。そうでなきゃ!恋をしながらクリックで!)