CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

思い出のマシンたち その1 ヤマハTX750

f:id:gemini-yahata:20180502142238j:plain

今のバイク好きな人でも、

このマシンは、

多分忘れ去られていると思います。

 

不運というか、微妙にダサいというか。

 

ホンダがCB750で世界を席巻し、

カワサキがZ2で、

日本中の不良をカモにしたころ、

ヤマハとスズキは、

混迷していたんだと思います。

 

 

スズキが出した750は、

2スト3気筒のGT750。

 

f:id:gemini-yahata:20180502143921j:plain

 

今の視点から見ても、

微妙なデザイン。

 

そして、ヤマハが出したのが、

TX750となるわけです。

 

今でも650の方が人気あります。

これですね。

XS650 です。

f:id:gemini-yahata:20180502144215j:plain

 

直立したエンジンが、美しいですねえ。

色合いも優れています。

私も乗ったことありますが、

750より遥かに軽快な走りで、

納得の人気車種です。

これでも使われていましたね。

 

www.youtube.com

「世界のキムラ」こと、

木村信也さんとヤマハがコラボした動画。

 

キムラさん、なんか不自然じゃないっすか?

 

まあ、こういう場面でも

取り上げられないのが、

TX750 とお考えいただければ。

さっき調べたら、

日本語ではウィキに記載なく、

英語のWikiにはあるようです。

何たる不人気車!

 

これね、私1990年前後に、

買ったんですよ。

残念ながら、当時の写真とかは

なくなってるんですけど、

まあ、面白いオートバイでした。

その頃、レストアの情報は

ほとんど皆無。

インターネットはまだまだでした。

 

たしか10万円くらいで、

試乗もして、

ちゃんと動くのを確認して買って。

友人のトラックに積んで

家についたら、

もう不動車になっていたという、

とんでもない始まりでした。

 

アメリカのマニアがレストアした、

きれいな動画を貼っておきます。

こういうのやらせたら、

ホント、アメリカ人は上手いですよね。

オーバーレストアとか、シラネーヨ!

って感じで、とにかくピカピカ。

マフラーとフェンダー

変わっているようですが、

まあ、そんなところは誤差ですね。

 

www.youtube.com

 

タンクのサビで、コックが詰まって、

キャブをばらしてしまって、

えらいことになり、

やっと組み付けてから、

原因が判明し、

やってらんなくなるとか。

あとでわかった理由は、

古くなった電線が、

動かしたのでちぎれた、

という「はあ?」

とかいうトラブルでしたね。

 

この時ですね、メンテナンスでは

「電気か燃料をまず疑え」

という鉄則を知ったのは。

 

高速道路でも意外と早かったですよ。

それに、私が持ってたTXは、

トップ画と同じ、

グリーンメタリックに、

ゴールドのライン。

きれいでしたね。

 

クラッチが、エンジン左側から、

プッシュロッドで押して

右側のクラッチを作動させるという、

不思議な構造でした。

このロッド本体と、

エンジンとのシールゴムが、

どうしても手に入らなくて、

オイル漏れが常態化して、

手放したんです。

 

でもね、今から考えたら、

大したトラブルじゃないんです。

多分、今なら簡単に対処できます。

当時、私はそれを知らなかったし、

バイクショップも素人レベルの

ところだった、というだけなんですね。

でも、情報がないから、

 

「これはもうダメだ!」

 

と、決めてかかっちゃったんです。

私も、そしてプロたちも。

もちろん、できるお店は当時もあったと思います。

でもね、情報がなかった。

 

情報がないということは、

それを思いつかないってことで、

選択肢から外れる以前に、

「この世に存在しない」

とさえ思わないわけです。

意識に上ってこないんですね。

 

恐ろしいというか、

情けないというか。

 

こういう点においては、

デジタルの世界は、

大いに助けてくれますね。

この前、なんも変わらなかった

chuff.hatenablog.com

と書きましたけど。

違いますねー。

 

まあ、あの時グーグルがあれば、

どうにかなったでしょうねえ。

あれから、あのナナハンはどうなったんでしょう。

どこかで走っていてくれていると、

とても嬉しんですけどね。

 

(最後は「出会い」がすべてを決める。情報はそのためにあるんでしょうね、でクリック情報!)

 

 

オフロードバイクレストア&メンテナンス―古いバイクを自分でなおす

オフロードバイクレストア&メンテナンス―古いバイクを自分でなおす

 
古いスタイルオートバイセラミックボウル

古いスタイルオートバイセラミックボウル