CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

天才!矢作俊彦! 尊敬と軽蔑と

f:id:gemini-yahata:20180324222956j:plain

矢作俊彦と出会ったのは、

十代も半ばもいかない頃で。

おぼつかない日本語で、

あのややこしい文を読みながら、

痺れていたんですよ。

 

たしか、最初の短編は、

月間プレイボーイに掲載されていた

短編で、確か題名は「サタデーナイトスペシャル」

そこで、「マイク・ハマーへ伝言」を知るんです。

 

まさか、全てでっち上げの創作と思わず、

「横浜」と「ヨコハマ」は

違うんだぜ、とか思ってたわけです。

 

本好きな方は、お読みになられるといいと思います。

 

マイク・ハマーへ伝言 (角川文庫)

マイク・ハマーへ伝言 (角川文庫)

 

再読すると、なんとも。。。

胸にきますねえ。 

でもね、その角度で折れる骨なら、

肩甲骨じゃなくて、鎖骨だよと、

作者に説教したくなります。

 

何言ってるか分からないですよね。

まあ、読んでみればわかります。

 

全体の物語は、

見事にカッコいいのですが、

なにせネットもない時代。

素直に信じるんですよ。

作者の自伝的な話じゃないかと。

作中で、ヨコハマの青年たちが、

東京をこき下ろすのも、

痛快でしたしね。

 

「昔の東京のお百姓さんは、六郷からこっちには、来ない常識があったよな」

 

なんてセリフ、思いつきます?

 

そんな夢から覚めたのは、この映画を観た時です。

 

AGAIN アゲイン [DVD]

AGAIN アゲイン [DVD]

 

 

 どういう映画かと言うとですね、

多分、みうらじゅんが絶賛すると思います。

一作どころか、何作も作っちゃったわけです。。

 

神様のピンチヒッター [DVD]

神様のピンチヒッター [DVD]

 
ギャンブラー [VHS]

ギャンブラー [VHS]

 

 

 正直、腹を抱えて笑いますよ。

 

DVD化されないのは当然です。

 

しかもねえ、

私実際に、氏にあったことあるんですわ。

なんとも、ただの酔っ払いで。。

 

まあね、分からないでもないんです。

創作ですからね。

ただねえ、作風が作風ですからねえ。。

 

不思議なことに、原作はどれも素晴らしいのです。

 

ストーリーテラーとしては、

見事に天才でしょう。

ただ、同じ人間が、

あのような駄作を作って悦に入れてるって。。

 

最近では、これなんか最高でしたね。

司城志朗とのコラボ作品。

 

ARAKURE あらくれ (ハヤカワ・ミステリワールド)

ARAKURE あらくれ (ハヤカワ・ミステリワールド)

 

 

ちょっと古いですが、

これも痛快です。

 

 

「なんだ、君は千葉の生まれか?」

「親が旅の一座で、たまたま千葉で生まれた」

 

なんてセリフを、アメ車の上でね。。

黄金期のNAVIの鈴木さんの、

名手腕でしょうねえ。

 

なんだか、久しぶりに読んでみようかなあ。

 

(神様のピンチヒッターの原作は、とても痺れますよ!でクリック!)

 

気分はもう戦争 (アクション・コミックス)

気分はもう戦争 (アクション・コミックス)

 
マイク・ハマーへ伝言

マイク・ハマーへ伝言

 
神様のピンチヒッター

神様のピンチヒッター