CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

お買い物をしたいのです! 青さんのオートバイへの道

f:id:gemini-yahata:20180227123257j:plain


青さん悩んでおられるようです。

ツーリング魂に火のついた今となっては、

 

chuff.hatenablog.com

 

やはり、ツールが欲しくなるわけです。

そりゃそうです、そうなります。

予算に限りはあるのは世の常。

でも大人だし、買えないわけでもない。

じゃあどうする?

 

ではさっそく

 

 =======

 
スリーシーズンジャケットか、アクションカメラ。

そのどちらを先に買うかを、真剣に悩んでおります。 

 

どっちも買えばいいじゃない、と。 

でもね、それじゃあ面白くないのですよ。

子供じゃねえんだから。 


正直、どっちもいらないんです。

チェストプロテクターは持ってるし。

肘なんか、怪我したら己の未熟を呪えば済む話です。 

 

アクションカメラをマウントしたところで、

ぎくしゃくギアアップやら、

泣けてくるようなハンクラを

撮影できるだけです。

誰が見たいんだ、そんなもの。 


でもね、この際だからほしいじゃない。 

 

どっちでしょうか。 


考えてみたところ、

どうやらアクションカメラが優先なのではないか、

と思い至りました。 


プロテクターが入っているメッシュジャケットが

必要になるのは、たぶんツツジの頃でしょう。

5月あたりです。

流石に厚着で走り回るのは暑苦しい頃合いです。 


桜の頃までは、

たぶんメッシュジャケットは

寒いんじゃなかろうか、と思うのですよ。 


だったらね、しばらくは現状通り。

チェストプロテクターと

厚手のお衣装でいいんじゃないでしょうか。 

来月、いや、再来月でいいと思うんだ、

メッシュジャケットは。 

虹ノ松原の走行動画を、

撮ってみたいじゃない。

機材が中華アクションカメラだったとしても、だ。 


多分きれいだと思うんですよ、

虹ノ松原

f:id:gemini-yahata:20180227134303j:plain

 

松林の中を、するりと走り抜ける轟天号

轟天自身はきっと映らないと思いますが、、、

似たような動画はすでにあるけれども、だ。 

 

だったらマイク越しに寿限無でも、

と思いましたが

それは小学生でもできるでしょうから、

稲川師の持ちネタから

「赤い日記」でも語りましょうか。

だいたい覚えてますから。

稲川師の持ちネタということは、

 

とうぜん怪談だとしても、だ。 

 

しかし、肝心なところに思い至りました。

どうしよう、撮ったところで需要がなさそうだぞ。 


でもね、どうかしてしまった若い衆が、

You Tubeにあげている動画でも、

なんとなくワクワクしてくるんですよ、

車載ってのは。 

撮影者が不惑だとしても、だ。

未熟車だとしても、だ。

まあいいじゃないか、

それはそれで。 

全く関係ない話をしますけどね、

私はようやく気づいたことがあります。 


バイクってね、

どうやら5000回転当たり前らしいですね。 


車の感覚で回転数を見ていたから、

おかしな運転になっていたんじゃないかと思うんです。 

ここだけの話、

うどんを食べに行ったツーリングで、

開き直って回したら上手く行ったんですよね。 


唸っていいんだ、

VTECだもの。

ヨシムラだもの。 

 

 


北海道?ホクレンフラッグ? 


それはそれで否定しませんけどね、

熊しかいない道を走ってどうするんですか、と。 

阿蘇、九重を中心に、

どこに行っても文化の香りがする九州こそ、

走りがいがあるぞ、と。 


大丈夫、主要な国道以外は

空いてますから、

九州。

 

福岡と、その他の県庁所在地をかわせば十分空いてますよ。

熊本ですら、南部はガラガラです。

阿蘇霧島辺りを、

バイク修験者気分で走ると面白そうだと思うんです。

予定では私、走りますよ、真夏。

そのための訓練です。 


長崎からは、北海道が遠すぎる。 

直線距離なら札幌は台湾高雄より遠いんだ。 



だったらどうする。国道57だろうよ。

熊本から大分に向かう、阿蘇越えだろうよ。 

夏の目標はそこです。

 

梅雨前に福岡に到達し、

秋が来る前に阿蘇を越える。

別府辺りで一泊でしょうな、理想は。

あんな面白い場所で

一人旅というのが悲しみを誘いますが、

しょうがない。 


何はともあれ、

そうできるために、

腕を磨かなければならないのであります。 

 

罰金が何だ。

減点がなんだ、と。 

とはいいつつ、

そんな啖呵を切れるほど若いわけでもないので、

不惑ライダーとしては法定速度を守りながら、

バカが運転するうるさい軽自動車に追い越されつつ、

バイク生活を続けていく所存であります。

 

 

========

 

メッシュジャケットは、真夏でも夜は寒いくらい冷えますよ。

5月は、メッシュでなくてもいいんじゃないでしょうか。

 

メッシュを買う場合は、

それ専用のインナーウインドブレーカー

ありますんで、

それも一緒に買われたほうが

良いかと思いますねえ。

 

ふと思ったのですが、

夜の峠をおっかなびっくり走りながら、

稲川淳二をしゃべりまくるってのは、

需要あるんじゃないでしょうか。

 

ハラハラする運転に、

ハラハラする語り。

 

いいですね!

(これは案外当たるんじゃないか。おっかない走行と怪談噺。そこでクリック!)

 

MYSTERY NIGHT TOUR 2016 稲川淳二の怪談ナイト ライブ盤 [DVD]

MYSTERY NIGHT TOUR 2016 稲川淳二の怪談ナイト ライブ盤 [DVD]

 
稲川淳二の超・絶叫夜話
 
稲川淳二の百鬼夜話 [DVD]

稲川淳二の百鬼夜話 [DVD]