CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

もう春だ!特訓特訓!後編 青さんのオートバイへの道

f:id:gemini-yahata:20180211200548j:plain

前回長崎市内をすったもんだでクリアーした、

新人ライダーの青さん。

 

chuff.hatenablog.com

 

さあ、あの有名な

軍艦島を見下ろす岬へ、

アクセルワイドオープン!

 

なわけにはいかないようです。

ではさっそく。

 

 =========

 

正直、ここまでくれば難所はありません。

車なら、対向車とのすれ違いが

面倒くさいポイントが少しあります。

しかし、400ccとはいえバイク!

どうということもない。 

 

信号の数は徐々に減り、道路は空いてきます。 

むしろ気をつけなければならないのは、

恐るべき誘惑です。 

 

国道499号線の江川から三和ぐらいまでは、

 

それはもう、素敵な直線があるわけですよ。 

長崎市では珍しい、

起伏はあるけどツイーっと走れる道路です。

 

この、ツイーが危ない。 

うっかりすると、

目の覚めるような青い制服のお兄さん

にカツアゲされちゃう。 

f:id:gemini-yahata:20180217193007j:plain

速度計をしっかり見て、

一定速度を維持して走る。

なんだかまるで、

ツーリングしているような気分になります

…あ、合ってるのか。 

更に499号を南下。

岳路から先は、

海と端島の絶景ポイントが続きます。 

以前はものすごく狭隘な道路で、

ここが難所だったのですが、

どうやら拡幅工事が進んでいるらしい。

様変わりしておりました。

これなら、脇岬海水浴場に向かう

家族連れのワンボックスも楽でしょう。

f:id:gemini-yahata:20180217202222j:plain

 

いいことです。 

下り坂をタラタラと走っていくと、

端島、通称「軍艦島」がどんどん大きくなります。

黒浜トンネルを抜けると、

間もなく夫婦岩

色んな場所にあるみたいですね。 

ここの夫婦岩は、

ちょうど間に端島がはいるんです。

f:id:gemini-yahata:20180217202428j:plain

そのせいか、通るたびに、

本格的なカメラを持った人がいるような気がしますね。 


どんどん進むと南越。

いったん海が見えなくなりますが、

やがて目の前に広がる一面の海。天草灘です。 

丁字路になっており、

左折すると脇岬海水浴場です。ここを右へ。 

ちょっとした集落はすぐに終わり、

そこからは緩やかなバイク登山です。 

この先に、展望公園があることを

知っているから行きましたが、

気まぐれで迷い込んだなら引き返しますよ。

曲がりくねった上り坂が終わったところが、

権現山展望公園です。 

www.nagasaki-tabinet.com

地デジ送信アンテナみたいなものが

どーんとありますが、

自衛隊の施設だそうです。 

調べてみると、

海上自衛隊野母崎中継所のようです。

かつては長崎港に入ってくる

外国船を監視するための場所で、

狼煙台があったそうです。 

たしかに絶景。

今の時期じゃなければ

本当に素晴らしい眺望でしょう。 

写真を取ってみたんですが、

f:id:gemini-yahata:20180217202933j:plain

まるで駄目ですね、いまは。

春の長崎は、晴れると霞むのです。 

 

f:id:gemini-yahata:20180218123737j:plain

春の光を受ける、わが「轟天号」ムフフ。




一度来る価値はある。来てよかった。 

しかし、他県のお客さんを連れてくるのはねぇ。。 

近きゃいいんですが、ちょっと遠い。

長崎駅から、

比較的混んでいない時間で一時間弱。

ここに来て、

ついでに海上軍艦島をみる、

というのも悪くはないですが、

正直それだけですからねぇ。 

立派な桜が

蕾をたくさんつけておりましたので、

春本番に成れば

賑わっているのかもしれません。

行く手間を考えなければ、

すごくいい場所だと思います。 


後は同じ道を帰ってきただけです。 

エンストしてはN、

ウインカーを消そうと

ついクラクションが鳴る!

 

ビー!

 

一朝一夕では治りませんね、

 

混んでいる道の徐行、

ウインカー無しで曲がってくる車、

突然ブレーキを踏むタクシー。。

 

時間は前回の西彼杵半島周回コースと

chuff.hatenablog.com

あまり変わりませんでしたが、

経験できたことはかなり多かったようです。 

やはり、市街地が鬼門だな。

バイクに乗るたびに、

ちょっと力んでいるので、

もう少し気楽に乗れるよう、

肩の力を抜かなきゃな、と。 

 

混んでる道でエンストしても、

特に焦らず

リスタートできるようになったことが、

本日最大の収穫だった、私でありました。

 

 

========

 

いやあ、楽しそうですよね。

40歳前に、これだけワクワクできることって、

そうそうないと思うんですよね。

 

だってね、もうそろそろ世間が

透けて見えてくるわけです。

そりゃあ、仮想通貨でぼろもうけしても、

まあ、やることは大体見えてしまうんです。

それよりね、この半クラのほうが、

青さんにとっては大冒険なわけです。

 

私?

ぼろ儲けできるなら、半クラ捨てますよ!

当然じゃないですか。

そう、こう言ってしまうのが

「透けて見える」ってことですね!

 

(とは言っても、人生そのものが半クラですね!私の場合!さあ、いっそクリックで!)

 

THE ISLAND 軍艦島

THE ISLAND 軍艦島

 
軍艦島 全景

軍艦島 全景

 
奇跡の海上都市 完全一周 廃墟賛歌 軍艦島 DVD BOOK (宝島社DVD BOOKシリーズ)

奇跡の海上都市 完全一周 廃墟賛歌 軍艦島 DVD BOOK (宝島社DVD BOOKシリーズ)