CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

僅差の2位 哀れな男

f:id:gemini-yahata:20180123212558j:plain

いつの時代もそうですけど、

若い娘は天性の小悪魔ですね。

 

知ってか知らずか、

その若さゆえの無邪気さからか、

愚かで可愛く、

オッサンは気が狂うようです。

 

あっ、私の話ではありませんよ。

私はどっちかというと、

年増好みなんです!

いい歳した私が「年増」と呼ぶのは、

もう半分、オバ(ゲフンゲフン

 

 

さて。。

昔の知り合いにいるんですよ。

現在進行形で、

若い小娘に手玉に取られている、

情けないのが。。

 

彼は40歳くらいだと思います。

バツイチ、子持ち。

元妻が、育ててくれてますけどね。

んで、相手の小娘が19~20歳。 

 

んで、どうなったと思います?

まあ、どうなるもこうなるもないですわな。

男は若い娘に耽溺し、

娘っ子は、大人を振り回して、

いい気分に浸っているようですねえ。

 

最近別ルートから、

たまたま耳に入ってきた話は、

その娘っ子、他に彼氏ができたようでね。

ですから、彼はさせてもらえないわけです。

このルートを仮にN君としておきます。

 

このあたりの節操のなさが、

まさに小娘!小悪魔!

 

最初は、いろいろやってたようですけど、

ある場面から、

 

「ずっとキモかった」

 

と言い出したそうです。

それ以降、いわゆるそっちの関係は

拒否られているわけです。

まあね、冷静に考えりゃそうです。

その何もさせてもらえない事態を、

 

「俺は純愛だから!」

 

とか言ってるようです。。

仮にあなたが20歳くらいだとしましょう。

40歳というと、ずいぶん大人です。

その大人が、愛だの恋だのいいながら、

バイブとかつかってごらんなさい。

 

正直、ドン引きですよね。

 

別に非難する気はないんですね。

好きにやればよろしい。

でもね、まあ、引きますわな。

この前まで、娘っ子には、

ただの排泄機関だった箇所にですよ、

 

ブ~ン。

 

スライヴ ハンディマッサージャー MD01

スライヴ ハンディマッサージャー MD01

 

そりゃ、引くって。。

 

まあ、拒否られて当然ですわな。

 

仮に、あなたがもう大人だとしましょう。

20歳の頃を思い出してみてください。

40歳なんて、お父さんに近いわけです。

いわゆる、不倫なら、

まだ気の迷いってのもあるでしょうけど、

恋愛っていわれて、

「お幸せに!」

 

とか思うわけないじゃないですか。。

しかも、

 

ブ~ン。

 

 

 

うわっ、キモイ。。

 

そういうのはですね、

そういうことも、

楽しめる関係になってからです。

 

人間の性的器官は、神経刺激が訓練によって、

快感となるには、トレーニングがいるわけです。

生粋の「好きモノ」は存在しませんね。

あるとすれば、それはその人の「性的快楽」が、

支配する欲望でしかない、ということです。

相手がオタオタするのを楽しんだり、

気分のむらを押し付けることに、

サディスティックな喜びを持つくらいですよ。

 

まあ、インモラルなことへの、

中二的な憧れもあるかもしれませんけど、

いずれにしろ、取引材料でしかないわけです。

 

それでですね、そのオッサンである彼がね、

まだ娘っ子に執着しているようで。。

別に男がいることを知ったのに、

 

「俺、僅差で2位につけてるようだし!」

f:id:gemini-yahata:20180123212327j:plain

こんなイメージなんでしょうなあ。。

 

うわあ、本気でキモイ。。

 

「まだ、その男には、させてないらしいんですわ」

 

とか言ってるらしいです。。

んなわけないじゃありませんか。

ね、そうでしょう?

最大の防御のお堀を、

自分で埋めといて、

何言ってんでしょうねえ。。

男を知ってしまったんですからねえ。

ゲスイ形でね。

娘っ子は、怖いもんなしだと思いますよ。

今やね。

 

ちょっと前に、いろいろあって、

彼とは縁が切れていたのですけど、

まあ正解でしたねえ。

それにね、普通に考えたら、

娘っ子にいいようにあしらわれてる男に、

大事な仕事の発注とかしないでしょ。

まさに、そうなってるようですねえ。

そりゃそうですわねえ。

信用もなくすわねえ。。

なんせ、本人が純愛モードなので、

あちこちで喋るわけですよ。

 

「俺に逆風あっても、彼女は『ガンバ、負けないで!』と言ってくれる」

 

んだそうで。。

まあ、男女ともに、

お友達も、彼氏彼女も、

仕事仲間も、茶飲み友達も、

ちゃんと相手を観て付き合わないとね。

 

そういう、やるせないお話でした。

あー、その話し伝えてきた仮りのN君に、

業務連絡しときますね。

 

「いっそ、もっと悲惨になったら、教えてくれ。それまでは別にいいからね!」

 

続編はこちら。

(本当にどうでもいいお話でしたね。大人にはいろいろ愚かなこともあるので、クリック!)