CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

マン島からの道 その6 ついに終わりの時

f:id:gemini-yahata:20170905155122j:plain

容赦なく近づいてくる日本に戸惑う焚火の男

 

chuff.hatenablog.com

 

さあ、あとは成田に一直線。

長い旅(10日間だけどね)が終わります。

 

 

ではさっそく!

 

=========

 

搭乗手続きを済ませゲートをくぐる。

機内に乗り込み自分の席をみつけた。

通路側である。

 

ヨシッ!

 

ナタリー・ポートマンが来ても、

ジェシカ・アルバが来ても、

ぜってー譲ることはねえ!

f:id:gemini-yahata:20180301190407j:plain

 

 

いや、そうでもないな。。

 

だが過剰に構えている時というのは、

大抵何も起きないものである。

 

オレは自分の席に普通に収まり、

そのまま機体は普通に動き出した。

 

普通に滑走路に入り、

普通にどんどん加速。

 

そして離陸。

オレを乗せた機体は一路、

成田へ向け夜の空へ飛び出していった。

 

しばらくするとシートベルトのサインも消え、

CAさんたちが忙しく働きだす。

 

成田行きの便という事もあってか、

エミレーツ航空でありながら日本人のCAさんが何人もいる。

オレの所に来たCAさんも日本人だった。

 

「どちらがよろしいですか?」

「お飲み物は何にいたしますか?」

 

と、全部日本語で話しかけてくる。

あぁ、たぶんこの後、

言葉で苦労する事はもうないのだろうな。

そう思うと妙な寂しさが滲んできた。

 

機内食も中に蕎麦があったり

デザートが和菓子だったり・・・・

周囲の状況が少しづつ日本の色に変わっていく。

 

旅の終りは近い。

 

目の前のモニターをいじって番組を選んだ。

選択したのはマン島TTのドキュメント映画。

深い理由などはないのだが。

ただなんとなく、そんな気になっただけである。

 

モニター越しに、

見覚えのある景色が次々に現れていく。

つい前日までオレがいた場所。

オレが見ていたレース。

 

しばらく見ているとその現実感が、

遠のいていくような錯覚に陥った。

 

ずっと昔の事だったような、

長い夢を見ていただけのような。

 

まぁあの島自体が不思議の国だったのだ。

それも仕方のない事なのだろう。

 

オレは映画を見るのをやめた。

モニターを初期画面に戻し目を閉じる。

眠いわけではない。

 

これまでの事も

日本に帰ってからの事も

 

ひとまずは考えるのをやめる事にした。

 

今はただこうして目を閉じて頭を空っぽにしていたい。

それはそれでなかなか快適な虚無である。

 

そんな心地良さの中、

オレはいつの間にか眠りに落ちていた。

 

==========

 

皆さま、長らくおつきあいいただき、

焚火の男と私は、感謝とともに、

喜びに満ち溢れております。

彼の旅は、これで終わりになりました。

長すぎたブログに、飽きずにお付き合いくださり、

誠にありがとうございました。

 寒さ厳しくなり、年末も何かと

お忙しいと存じますが、ご自愛のほどをお祈りし、

マン島旅行記の締めといたしたく存じます。

 

(長い坂道にも、終わりがあるんだなあ。その思いでいっそクリック!)

フェイク (字幕版)

フェイク (字幕版)

 

 

 

 

 

なわけがないんでございます!

 

驚くべきことに、

なんと半分残っておるのでございます!

いいですか、「マン島からの道」はいまだ半分でございます。

次回より後編、つまり国内編が始まります。

 

くどさも続ければ芸となる、と思っておりましたが、

なんのなんの、ただただくどいだけなったことも、

承知いたしております。

しかしながら、だからと言って、

止めるような聞き分けの良さは、

あいにく持ち合わせておりません!

 

いましばらく、くどさにお付き合いくださいますよう、

お願いいたします。

chuff.hatenablog.com

 

(そろそろ、あいつメキシコから帰ってくるはずなので、お帰りでクリック!)

 

旅の終わり 始まりの場所へ

旅の終わり 始まりの場所へ

 
今さらヒーローになれやしないが

今さらヒーローになれやしないが