CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

大人の部屋 オーラル

f:id:gemini-yahata:20170908132039j:plain

ここは、大人の部屋です。

 

久しぶりですが、警告しておきます。

 

清廉潔白な方は、ここで引き返して下さい。

 オトナとして、いろいろ考えてみたい方のみ

続きを読むをクリックして下さい。

 

無理しないでくださいね。

わざわざ、嫌な気分になる必要はありません。

 

 

久しぶりですね、このコーナーも。

今回は、オーラルセックスがテーマです。

 

いろいろスタイルはあるでしょうけど、基本はフェラチオでいきます。

もっと、言いましょうか?

 

尺八です!

 

今や日本では極普通の性行為として、承認されていると思います。

でもね、いつからそうなったと思います?

けっして、そんな昔の話じゃないんですよ。

 

それにね、冷静に考えたら、けっこう危険な行為だと知っていますか?

 

 

オーラルセックスの歴史

ああ、これは古いですよ。文献にいっぱい出てきますし、

旧約聖書にも、それらしき記載はあります。

後には、厳禁している記載もあるわけですから、かなりやってたわけです。

イスラム以前のアラブにも、ギリシャ・ローマ時代の壁画、まあいろいろです。

 

しかしですね、オーラルに興味を示しだすのは、ある程度文明が発達して、

衛生概念と、文字が高度に用いられるようになってからなんですね。

不思議とこれはリンクしています。

 

庶民たちのセックス―18世紀イギリスにみる性風俗

庶民たちのセックス―18世紀イギリスにみる性風俗

 

これによると、18世紀のイギリスでは。

オーラルが売りの娼婦は、かなり少なかったようです。

いても、けっこうキワモノ扱いだったようですね。

この時点でのイギリスは、産業革命の影響もあり、

なんでもありの変態王国です。

しかし、オーラルはいまいち。。

客も求めなかったようです。

このことから推察するに、快楽に対する肉体的な技巧とは考えづらいわけです。

ということは、識字率ではなく、文字を高度に使う能力の問題であったと考えられます。

つまり、概念の成立が必要ということです。

オーラルは精神的な意味が大きいってことになります。

 

ちなみに、概念とは、文字で表せる抽象的な思考であり、意味確定の根幹であります。

これがオーラル成立には、必要なようですよ。

 日本が誇る変態の極み、春画

これにもオーラルの描写は非情に少ないんです。

春画に限って言えば、女性の乳房にもほぼ関心がないようです。

 

ここでも、オーラルを思いつかなかったはずはないわけです。

江戸はかなり衛生状態もいいわけですが、それでも文化として根付いていません。

となると、オーラルは海外から、「退廃思想」として入ってきたであろうと推測されます。日本には、「退廃」というインモラル思想は、そもそもありません。

 

識字率は高かったものの、なにせ読み物の定番は「物語もの」です。

一方、高度概念を表すものは、基本的に漢籍、つまり古代中国語です。

今で言うと、シェークスピアの頃の英語で書かれているわけです。

これを読めないと、侍としては一人前ではありません。

その最たる教科書が、「論語」なわけです。

勉強方法は、基本まる覚えなんですね。

 

公文書も全てこれです。よく見る書簡とかは、

今で言うメールであって、正式とは言い難いものです。

 

こりゃ、一般人には無理な話です。

 

庶民が高度に言語を扱ったふしは、明治以前は残念ながらありません。

もっと言うと、現在でも日本人が全員日本語を操れるようなったのかも疑問です。

 尤もらしく日本語を使えるような気分になったのは、実は戦後からなんですね。

それまでは、かなりエリートしか概念とかわからなかったようです。

 

次に衛生概念についてですが、入浴が目安でしょうね。

日本で、一般人が毎日入浴できる体制が整ったのは、高度成長期あたりでしょう。

戦前は、薪は重要な資源ですから、毎日お風呂を沸かしたとは考えづらいわけです。

銭湯は都市部にしかありませんから、これも論外です。

 

つまり、どんな熱い日も、どんな寒い日も、

気楽にお風呂へ入れるようになったのは、実は大阪万博くらいと仮定してもいいでしょうね。

私が初めて一人暮らしをしたアパートは、風呂なしでしたから、

あの時代(バブル期)でも、気楽にとは言い切れないかもしれません。

 

やはり、早くて70年代、遅ければ80年代ってことになります。

「銭湯のミライとは?【番外編】 ~数から銭湯を見てみよう!~ 銭湯・奥の細道 (東北の銭湯巡り)

 1968年と、ここ十年の対比ですが、まあ参考にはなるかもしれません。

もっと単純な統計があるかと思ったんですが、

細分化されすぎていて、細かすぎるんで割愛します。

 

ポルノで、AV以前の「ポルノ映画」が主流のころも、オーラルの描写は少ないようです。

 

ザッツ・ロマンポルノ 女神たちの微笑み [DVD]

ザッツ・ロマンポルノ 女神たちの微笑み [DVD]

 

 

アメリカで「ディープ・スロート」というポルノが話題になったのが、1972年。

 喉の奥までペニスを吸い込むという意味です。

インサイド・ディープ・スロート [DVD]

インサイド・ディープ・スロート [DVD]

 

これで初めてフェラチオなる行為を知った人も多いはずです。

これが、日本に入って来た時、あまり一般的にはならなかったと思います。

 

この後、ビデオデッキの販促として、いわゆる「洋ピン」ポルノビデオが流布されます。

松下幸之助、最後の英断といわれている、あれです。

 

すごい話ですよね、当時天下の松下は、違法ビデオをせっせと配布していたんですわ。

ポルノで、VHSがソニー東芝のベータ形式に勝ったとさえ言われています。

 

そこで、繰り返し観たんですね、オーラル。

アダルトビデオにも登場し始めます。美保純の時代とかですね。

 

四畳半色の濡衣 [DVD]

四畳半色の濡衣 [DVD]

 

 

その後は、AVとして普通に流通し、その過程でオーラルは普及したのだと私は思います。

 

現実のオーラルセックスの問題

先程、精神的な意味が大きい、と述べました。

セックスそのものが純粋に肉体的でもないでしょうから、気持ちいいのはあるでしょうね。

精神が高揚するという。

 

女性が男性にされる場合は、相手に「させている」という優越感はあまりないような気がします。

これに対し、男性が女性に、男性が男性に、女性が女性にされる場合は、この

 

「させている」

 

という、マウント感が気持ちよさかもしれません。

まあ、しっかりパートナーがいて、しっかり工夫して楽しんでいる人もいるのでしょうけれど、そういう人は今回は除外します。

理由は、

 

「お好きにどうぞ!」

 

ってだけですからね。

 

この「させている」という感覚は、支配欲求でもあるでしょうから、それ自体が目的でもあるのでしょう。

となれば、そこには強弱の関係が発生しやすいとも言えます。

これは、現実でそうかというより、概念としての精神状況です。

ですので、むりやり相手がオーラルをしてくれば、される側には恐怖があるはずです。

従属の関係証明にはならず、「食われる」という強弱が逆転した関係なわけですからね。

 

いやあ、エロになると、文章が走りますね!

 

 

快楽の裏書き

男女のセックスの裏側には、常に妊娠という事象が潜んでいます。

オーラルの場合、それを回避できるということも、急速に普及した理由でしょう。

西洋では、元々宗教的に反道徳インモラルと思われていた経緯がありますので、

イケナイコト感は絶大だったでしょう。

 

しかし、我が国ではその辺はおおらかですので、道徳が邪魔をしたとは考えづらいわけです。

それよりも、便利な行為として、もしくはセックスそのもよりも、征服感の高い行為として、広まったように思います。

 

衛生概念の向上とともに、性病が激減したことも、セックスへの垣根を下げたのだと思います。

では、実際の所、性病はどれくらい発生しているのでしょう。

www.mhlw.go.jp

なかなかすごい数ですね。

これどれくらいに比率かといいますと、成人男性の8人に1人くらいは罹ったことがあるってことです。

しかも、我が国には、なんだかんだと言って、売春は半ば公然と行われています。

警察利権と言ってもいいくらいじゃないでしょうか。

 

で、性風俗経験者の数となりますと

f:id:gemini-yahata:20170908141756j:plain

www.nwec.jp

だいたい半数でしょうか。喫煙者より多いですね。

駅前でタバコ吸ってる人より、風俗経験者は多く、

その半数ぐらいは性病になったことあるってことですわ!

 

これがどういうことかといいますと、本番以外は基本スキンなしですから、

オーラルで伝染る確率が、とんでもなく高いってことです。

感染者以外が、感染者とセックスしたりオーラルすれば、かなりの高確率で感染します。

 

パートナーが感染者と自覚していない場合もあるでしょうね。

でも、数値で見るとこの通り。

 

常識的に考えてみよう

人間の体の内部に最も近い場所は、「粘膜」です。

ですから、気持ちいいのも「粘膜」です。

そこは、あらゆる細菌やウィルスが、日夜免疫システムと戦争をしている場所です。

 

単純に言うと

 

「汚い場所」です。

 

トイレの便座より、口内のほうが雑菌で汚染されているのは、有名な話です。

その汚い場所に、自分の汚い場所をくっつける行為が、性行為です。

 

となれば、その汚さを「そんなことはない」と思う強い気持ちを持つ衝動がないとダメです。

目を向けるのは、実際に「汚い」可能性の非常に高い部分であるという事実です。

 

ところが、オーラルにはそれを持ちづらいわけですね。

でもね、考えてみてくださいよ。

普段おしっこ出てる場所、もしくはその近所ですよ。

性行為の最中に、どれだけ人間が異常な精神になっているか、これでわかりましたね?

便器を舐めるより、多分汚いはずです。

 

これが常識的結論です。

 

では、なぜ人はそれを求めるか?

先述した通り、精神的な部分が大きいでしょうね。

ちなみに、女性が上目遣いで男性を見上げる顔のことを、英語のスラングでは

 

Bambi Smile

 

といいます。確かに子鹿のような顔になります。

要するに、フェラチオしているのと同じ顔です。って、それを連想させるので、可愛いとか思われるのでしょう。

しかし、誰から観ての子鹿なのでしょう?

もちろん「させている相手」からです。

「されている相手」からではありません。

上目遣いで、顎を引き、相手を見る形ですね。

日本ではこの表情を普段からする女性も多いですが、止めたほうが良いですね。

トラブルにしかなりませんよ。多分。

 

逃げられないから、バンビなんですよ。

 

オーラルの文化のなかった江戸では、流し目ですね。

バンビスマイルは、フェラが普通になる前は、あまり見かけませんでしたしね。

 

 

まとめ

まあ、結論からすると、お好きにされたら良いと思います。

ただ、思っているよりはるかにリスクが高く、不潔な行為であるという事を考えた場合、

気軽に本番まではしていないから、とか、

口でだったらいいよ、とか、

口でしかしてないよ、とか、

そう言い切れる話ではないと思いますよ。

 

今、エイズの患者が増え続けているのは、先進国では日本だけです。

 中国の報告はあてにはなりませんけど、北京オリンピックのときに、

エイズ狩りをしたと聞いたことがありますので、かなりジェノサイドした可能性あります。

その中で、日本が増え続ける理由は、多分オーラルと関係あるでしょうね。

 

綺麗か汚いかを超越して、愛し合うのは素敵なことです。

ただ、従属の表明として、もしくは支配の証として、

もしくは撃墜マークを増やすためだけの行為として、それをやるには。。

 

汚くないですか?

チンコですよ!

 

愛あればこそですわ。

やるだけだったら、さっさと「やるだけ」

で終わちゃえばいいんじゃないかしらね。

セックス・ピストルズジョニー・ロットンによると、

セックスは「2分半のグチャグチャ」。

それでいいのかもね、多くの場合は。

お互い気楽かもしれないし。。

 

日本人は精神性(良くも悪くも)気にしすぎですよ。

 

(全然オーラルには抵抗ないけど、抵抗なさすぎる人には引きます!そこでクリック!)