CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

神戸元町物語 旦那衆の社交場だった「ざる八」

f:id:gemini-yahata:20170711175931j:plain

 

いま、この店はもうない。

閉まって二年になると思う。

店舗そのものは残っているが、ポストも封印されている。

 

 

老いた姉弟らしき家族経営のお店だった。

最初、入った時には、普通にざるそばを注文したのだけれど、

他の客は、不思議な呪文のような言葉で注文していた。

 

「ザルショウタマゴ」

 

これを、皆が皆言うのだ。

 

出てくるのは、小さな器に入った白米とお漬物、不細工な卵焼きとざる蕎麦。

 

「ザル、ご飯小、卵焼き」というわけだ。

 

次に行った時、私も言ってみた。

「ザルショウタマゴ」

 

卵焼きは、そば湯で溶かれていてほんのり甘く、

ご飯を食べながらお漬物をかじると、手漬けと思われる塩加減で、

口の中がなんとなく幸せになる。

それを食べきってから、お蕎麦を食べる。

少し甘目のつゆが、全体を優しく包む。

 

最後に、そば湯で汁を割って少し飲み、お勘定というわけ。

 

この近所に住む、旦那衆と呼ばれる自営業者の初老の男たち。

彼らは、それをすっと行って、長居をしない。

その短い間に、相場の動きや、情報を交換していた。

わたしも、たまたま耳にした事で、何度かその恩恵を受けた。

 

そばは、生そばで、十割だった

喉にも絡まず、そのまま喉の奥に消えてゆく。

確か値段は、600円ほど。

 

私も十年くらいは、それを楽しんだ。

 

しかし、この店はもうないのだ。

いつか行こう、ではダメなのだ。

全ては儚い。

いつか、など存在しないのだ。

 

ある日、そばを食べに行って、廃業しましたとの張り紙を読んだ時、

自分の甘さに気づいた。

 

常に、次はないのだ。

あれは、もう食べられないのだ。

6歳の時の記憶ががよみがえる。

chuff.hatenablog.com

 

常に次はない。

次はないものと思え。

わたしの明日だって、実はないのかもしれない。

ずっと、ラストラップを走っているわけだ。

 

いまだ、そのままの店の看板と構えを見るたびに、

わたしはそう思う。

 

人の全ては、有限なのだ。

 

(人生、毎日がラストラップ!後悔した時には遅いので、今ここでクリック)

 

 

小笠原流 美しい大人のふるまい

小笠原流 美しい大人のふるまい