CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

弥生三月望月のころ! その6 青さんのオートバイへの道

f:id:gemini-yahata:20180405175758j:plain

ついに生月島まで来た青さん。

ガソリンは大丈夫でしょうか?

 

chuff.hatenablog.com

 

オートバイは、非常に個人的なものです。

ゆえに、その管理も個人の責任です。

もちろん、ガソリンもね。。

 

ではさっそく!

 

 =========

f:id:gemini-yahata:20180405195858p:plain

 

サンセットウェイを、

お腹いっぱい楽しもう。

 

となると、ルートは

時計回りがいいだろう。

海を左に生月島を一周しよう。。

 

そう思っていたんですが、

生月島は島の東側、

左右で言えば右側に

人口が集中しています。

西側、つまり左側には何もありません。

海と太陽と

素敵な風景ぐらいです。それで十分なんですがね。

 

 

ガソリンスタンドは、当然東側です。

 

給油したあとに引き返して、

あらためて時計回り、

というのは私の性分にあいません。

 

うーん…しかし、

背に腹は代えられないし。

何しろまずはガソリンを入れなきゃ。。

 

仕方がない。

予定とは逆まわりに

生月島を回ることにして、

サンセットウェイは復路で楽めばいいか。

 

すこし走ったところにガソリンスタンドがありました。

 

満タンにお願いしたところ、

入ったのは13リットル。

轟天のタンク容量は18リットル。

市街地で乗っていても、

1Lで15キロは走っているようです。

 

生月島は、一周30キロ弱。

結果的に言えば、

平戸をでた後で給油しても余裕でした。

 

んもう。

心配して損したじゃない。

 

県北地域の平均的なガソリン価格からすると、

ちょっぴり高めのガソリンでしたが、

ビクビクしなくて良くなったのは大変結構です。

高いったって、

他所で入れた時との差額は130円。

缶コーヒーを飲んだつもりで地域貢献。

 

缶コーヒーを飲んで

ホッと一息つくかわりに、

タンクにガソリンを満たして

ホッと一息であります。

 

勇気百倍、

握るアクセルにも力がこもります。

気分の話ですよ。

 

ぐんぐん北に向かって走っていくと、

やがて人家は絶えて、海岸線と畑が広がります。

 

出会うのはツーリングの連中ぐらいで、

気持ちよく走れるいい道です。

 

なだらかな坂道を登りきったところで、

左に海が広がります。

 

海沿いに降りていく道路には、

生月農免農道という案内がありました。

ココこそが、

通称「サンセットウェイ」であります。

 

おお!

 

思わずサンセットウェイに向かって

左折しそうになりましたが、

目指す灯台はすぐそこです。

 

大丈夫、どうせあとから来るんだから。。

 

後ろ髪を引かれつつ走っていくと、

つづら折りの道路を登り始めます。

 

右に左にハンドルを操り、

グネグネと曲がった道を走りきると、

いよいよ大バエ灯台

 

f:id:gemini-yahata:20180405195846j:plain

そこから正面に見えるのは、ただ海だけです。

  

長崎はどこでも海岸線

みたいなものですから、

水平線なんざ見飽きるほどみております。

 

しかし、こんなになにもない

のはちょっと珍しい。

海の青と空の青とが、

融け合うでもなく

視界いっぱいに広がっていました。

f:id:gemini-yahata:20180405195850j:plain

 

後ろを振り返ると、

切り立った崖が波に洗われております。

ポンコツキャメラマン

思わず骨董コンデジを握りしめ、

シャッターチャンスをうかがいました。

そして、撮れたのがこちら。

 

f:id:gemini-yahata:20180405195841j:plain

f:id:gemini-yahata:20180405195837j:plain


強い日差しの中でしたので、

液晶画面がほとんどみえません。

帰ってきてパソコンで

確認したところ、

なんとかなりそうなのがこの二枚で。

まぁまぁです。

 

写真はそれなりでしたが、

目の前の景色は素晴らしい。

なにもない海も良いんですが、

島の方向も味わいのある風景でした。

 

f:id:gemini-yahata:20180405195853j:plain

 

写真を撮りながら、

心地よい風に吹かれておりました。

しかし私待っているものがあります。

それは、走るべき道!

 

さぁ、そろそろ行こうじゃないか。

サンセットウェイへ。

 

今回最大の目的、

生月農免農道を目指して駆け出したところで、

本日はここまで。それではまた。

 

 

chuff.hatenablog.com

===========

 

うん、うん。

自分のオートバイの燃費を、

常に意識しておくのは大事です。

 

生月島ねえ。

私も行ったことあります。

独特の島ですよね。

 

青さん、写真の腕が上がってきてません?

なんか、画像が締まってきて、

構図がよく取れてきたように思うのですけど。

 

(やはり、成果は「量」で決まりますね!さあ、「量」です!クリックでどう?)