CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

うらら旅その9 青さんのオートバイへの道

f:id:gemini-yahata:20180311205209j:plain

空を舞うトンビの影と戯れて、

空を飛んだ感覚の青さん。

 

chuff.hatenablog.com

いざ、島原上陸です。

いろいろ、ライダーとして

見えてきたようです。

 

では、さっそく。

 

 =========

 

数キロの行程は瞬くまにおわり、

空に遊んでいた私は

島原半島に上陸しました。

 

今回は、国道251を

ひたすら走る旅程で、

左が海、右が山という

風景がずっと続きます。

 

それなりに交通量がありますので、

ズンズン走るわけには行きませんが、

平坦なので実に走りやすい。

 

速度は出せない。

いや、出す必要がないのです。

 

春らしい、濃密な磯の香りと、

遠望する火砕流災害を

起こした普賢岳と。

 

f:id:gemini-yahata:20180318223441j:plain

小浜辺りから見る雲仙とは

一味違う、怖さをまとった

山肌の色は、

信号停止ごとに

思わず見惚れる迫力でありました。

 

 

島原の繁華な場所に

差し掛かったところで、

前をゆくバイク集団に取り付きました。

 

 

バイク…

いや、

 

あれはハーレーというジャンルだ!

 

まさかと思いましたが、

ナンバーが福岡だし、

最後尾は三輪だし。

 

 

どうやら、

堤防道路で談笑しておられた

ハーレーのグループのようです。

 

私は島原半島の移動としては、

遠回りしておりますから

追い越されたようです。

 

期せずして

マスツーリングになったのですが、

ハーレーのアイドリングはいいですねぇ。

まるで、

ライディーンの序奏みたい。

www.youtube.com

 

音楽的ですね。

 

前述の通り、

この日はものすごく

ツーリングの人が多かったので、

私もそういう人に見えたはずです。

しかし、ガッツリ装備の

ハーレーが数台続いて、

ほとんどノーマルのCB400SF

というツーリンググループはたぶん、

日本中探しても無いと思うんですよ。

 

しかし、妙なところで

ハーレーのみなさんが

停止するまでの数キロ、

少なくとも私は、

マスツーリングの気分でした。

 

ちょっと千鳥に

ポジションを取ったりして。

最後尾からしたら、

すごく邪魔だったろうなぁ。

など、少し反省もあるのですが。

 

島原城を見ようかどうか、

少し悩んだのですが、

走ることが面白くなっている

ときなのでまぁいいかとスルー。

 

しかし、しばらく進んで思い出しました。

 

バイクの駐車をどうするか

というテーマもあったんだったな、と。

 

すごく順調に来ていたので

時間的には余裕もあるし、

あえて戻ることにしました。

 

たまたまみた看板に

「がまだすロード」

と書いていたので、

それに乗って島原方向へ戻ります。

 

がまだすロードというのは国道ですが、

走っている皆さんの感覚は

高速道路なんでしょうね。

 

私は流れに乗っただけなんですが、

ヘルメットのシールドにあたった虫が

残念な具合に。。

そこから、走行速度をお察し!

 

駐車場の場所がよくわかりませんが、

とりあえず島原城に行ってみよう。

 

たどり着いた島原城には

駐車場がありました。

しかも、バイク料金という括りも。

 

100円払いながら、

これはちょっと趣旨が違うような…

と思わないではなかったのですが、

少しお腹が冷えておりましたのでまぁいいかと。

 

駐輪スペースがあるわけでないので、

どこに駐めたものかと探したところ、

駐車場の端っこにVMAXを発見。

 

そりゃもうね、横に止めますよ。

寄らば大樹の陰であります。(二度目)

 

トイレを済ませ、

そのへんをウロウロしておりました。

外国のお客さんが多かったですね、島原城も。

 

f:id:gemini-yahata:20180319130044j:plain
f:id:gemini-yahata:20180319125824j:plain

 

ウグイスが花から花に飛び回り、

実に春らしい風情です。

 

f:id:gemini-yahata:20180316120710j:plain

その後も謎の彫像をみたりしておりましたが、

まだ残っている行程は長い。

 

駐車場に戻り、再び出発…おや。

 

駐車場の出入り口付近に見慣れた

「いかついバイク」が。

いや、あれはハーレーという(略

 

なるほど、あの停止は昼食のためで、

その後島原城の見物ということだったのか…

 

いろいろ合点がいきつつ、

次に目指すは口之津

chuff.hatenablog.com

==========

 

マスツーリングねえ。。

私はあまり好みませんが、

なぜか「ハーレーと言うジャンル」

の人々は好きですねえ。

 

まあ、あれはコスプレですからね。

それにね、チャップス文化は、

f:id:gemini-yahata:20180319123435j:plain
f:id:gemini-yahata:20180319123847j:plain

特殊な性癖にしかみえませんな。

私からはアホにしか見えず。

 

ハーレーっていうのは、

教習所で大型とれるようになってから、

なぜかしら、オラオラの代名詞になってますね。

 

なんかね、

「ああ、そうですか」

って感じですね。

 

(なんで、ああなっちゃうんでしょうね。意味わからないので、クリック!)

 

CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2018年 4月号

CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2018年 4月号

 
始めよう、楽しもう、ハーレーライフ!! (エイムック 3991 CLUB HARLEY別冊)

始めよう、楽しもう、ハーレーライフ!! (エイムック 3991 CLUB HARLEY別冊)

 
ハーレー乗りのワードローブ (エイムック 3848 CLUB HARLEY別冊)

ハーレー乗りのワードローブ (エイムック 3848 CLUB HARLEY別冊)