CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

委ねること、の強さ。あるチローの発言

f:id:gemini-yahata:20171223203245j:plain

今年も、あと半日の今日。

キリスト教のお話ではありません。

偶然拾った画像です。

でもね、この「ゆだねる」ってのは、

実はとんでもなく

重要なことではないかと、

最近気づいたんです。

 

大晦日に、

 

まさかのチローネタとは。

 

ふざけてますねえ。。

下系のネタやると、アクセス下がるんですが、

一定の需要があるようなんですねえ。

 

まあ、期待を一身に背負って、

今年最後の大人の部屋です。

 

お子様は、適切なサイトに行ってください。

 

 

 

きっかけは、友人との会話です。

彼の属性は、

チローズとしておきましょう。

まっこうからの反対勢力に、

ソローズというのがあります。

彼は、もうかなりチローズでして、

話を聞いていると、切なくなるレベルでございます。

 

これでわからない方は、

まあお子様ってことで、

いずれにしても分からないと思うので、先に進みます。

 

 

以前こんな記事を書きました。

chuff.hatenablog.com

こんなのも

chuff.hatenablog.com

 

ほんの数か月前ですが、

とんがってますねえ。。

 

これらで分析しましたが、

快楽というものは

「忘我」と「融合」であるわけです。

つまり、イクというのは、

相手との境界線がなくなる

体験なわけですね。

これ話すと長くなるので、

お暇なお正月にでも、

上のを読んでください。

 

さて、それを前提に考えますとね、

信仰というのも、

神様と融合するわけです。

もう、預けちゃうんですね、身も心も。

それを「委ねる」と言うんでしょう。

基本的に、あらゆる宗教は、

この形をとります。

本願寺に「他力本願」と、

あえて言われなくても、

基本的に「信じる」「祈る」は委ねの精神です。

 

でもね、よく考えたら怖いことなんですよ、これは。

自分だと思っている自分のイメージを、

他者に預けてしまうわけです。

神様ならともかく、セクーズでは、相手にゆだねるんですよ。

しかも、全く無防備な状態で。

 

よくやりますよね。

冷静に考えると。

 

「好きにして」と「好きにさせて」が一体になってるわけですからねえ。

となるとですよ、

まず「私」というものが

成熟していないと、

委ねるのではなく、意のままにされるだけってことです。

信頼ってのは、

「私」がしっかりしてないと、

ただ騙されるってことでしかないわけですね。

 

さあ、そこでチローズの登場です。

なぜ彼はチローズなのか、という話になりました。

なぜそんな話になったかと言いますと、

これまた別の男が絡むので、

長くなるので割愛します。

 

大人二人の与太話は、「イク」ための条件とは何か?

となったわけです。

 

「僕が思うに、僕はどこか女性に対して委ねきれないんだと思います」

「ふむ、たしかにそうかもしれないな」

「女性にイってもらうのは、とても嬉しいんですけど、共有できないことが、寂しんですよね」

「じゃあ、女性をイカせることに、どうして嬉しいのか考えてごらんよ」

「昔はね、征服感だったと思うんです。でも今は違いますね」

「ほう、どう違うの?」

「委ねてもらえることが、うれしいんだと思います」

「ふーむ。。なるほどなあ」

「そういうのってね、相手がガキじゃダメなんですよ」

「ガキは委ねられないか。。」

「と思いますよ。もの知らないだけですし、いくらでも勘違いしますしね」

「ああ、そうね。委ねられるようになるには、人間として時間かかるよね」

「でしょう?」

「ってことは」

「ってことはって?」

「君がまだ成熟できてないってことにならない?」

「ああ、そっか!そうですね!」

「イケるためには、まず成熟w!」

「じゃあ、ソローズは成熟してんですか?」

「なわけないんじゃない?」

「じゃあ、なぜソローズはイケるんですか?」

「訓練を怠ったからじゃないかね」

「なるほど、不精の結果、それが習慣化したわけですか?」

「かもしれないねえ。人間は行動を制御できるよう成長しなきゃね」

「ソローズもチローズも、ガキなんですねえ。。」

「人間は繰り返す生き物だけれども、それを変えることができる生き物のはずだ!」

「変えられないってのは、変えたくないとどっかで思ってるわけですね?」

「ああ、そうかもしれないねえ」

 

「悲しい生き物ですねえ・・」

「まったくだなあ。。」

 

「オレ、頑張ります!」

「おう!がんばってこーぜ!」

 

 

などと、年末のあわただしい夜に、

いい大人の男二人が何を話し合ってたんでしょうねえ。

 

では今年はこれが最後ということで、

皆様良いお年を。

 

(いろいろあるけどさ、まあ、とにもかくにも、がんばってこーぜ!まずはクリック!)

 

幸いなら、神に身を委ねる者は BWV139 アリア:神は私の友

幸いなら、神に身を委ねる者は BWV139 アリア:神は私の友

 
エロい話白書: 信じる者ほどヤれまくる

エロい話白書: 信じる者ほどヤれまくる

 
日本の中でイスラム教を信じる

日本の中でイスラム教を信じる