CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

神戸元町物語 仁義なき戦い 牡丹園

f:id:gemini-yahata:20171227203153j:plain

さあ今年最後の「神戸元町物語」です。

 

神戸を特集される雑誌メディア等で、

中華といえばまずここがでてきますよね。

「別館牡丹園」です。

 

しかし、この「牡丹園」というのは、

どうもいろいろ遺恨がありそうです。

 

なぜなら、歩いて5分圏内に、

なんと三軒ありまして、

お互いに「カンケーないから!」と、

言い合っているわけです。

 

真相は謎ですが、

極個人的な印象を述べてみます。

 

 

f:id:gemini-yahata:20171227203201j:plain

こちらが、有名な

「別館牡丹園」です。

あちこちのメディアでベタ褒めされています。

でもね、正直それほどでもないですよ。

 

くさすつもりはないんです。

値段の割には、大したことありません。

 

予約もしたほうがよいでしょう。

場所は、元町商店街の一本北側、

大丸側から西にまがってすぐです。

神戸コロッケの角ですね。

個人的には、この値段なら、

私は迷わずクラウンプラザホテルの

「蘇州」を推します。

 

そして、このお店の直ぐ側にあるのが

「別館」と犬猿の仲の

f:id:gemini-yahata:20171227203209j:plain

本館牡丹園。

本当に関係ないんでしょうか。。

このあたりの真相は、華僑に聴いてもだれも知らないようです。

言わないだけなのかもしれませんけど。それはそれで、おっかない。。

その誰も言わなさが、逆にさまざまな憶測を呼んでいるわけでもありますが。。

一階が何年か前にコンビニになりましたね。

以前は観光客からボリそうな雰囲気でしたけれど、今は寂れた感じになってますねえ。

 

このお店、案外あなどれないんです。

美味しい時もあります。

これね、きっとコックさんの当たりハズレなんだと思います。アタリの時の、ここの粥は驚くほど美味しいんですね。そのバクチをやってもいいくらいの、安いと言えるお値段です。

それくらい、入れ替わりが激しいようです。

私は好きですよ。

家族連れの方であれば、こちらのほうが落ち着いて食事できると思います。

 

そして、以前お伝えした「香味園」の

chuff.hatenablog.com

すぐ西側。

またまたややこしく「元町牡丹園」というのがあります。

f:id:gemini-yahata:20171227203220j:plain

こちらは、大衆中華食堂って感じですね。

気楽に、チャーハンや酢豚を食べるお店ですね。

 

ーーーーーー

 

ここからは聞いた話で、

本当かどうかは知りません。

しかし、どうも、

全くのデタラメでもないようです。

いろいろ骨肉系の争いがあったらしいです。

 

このあたりは、あの有名店「老祥記」と同じかもしれません。

案外知られてないのですが、元町商店街の西の方、

水走神社のそばにも、老祥記はあります。

南京町で常に行列ができているあの店とは、

確か兄弟のはずです。

ここも、けっこうな跡目争いがあったと聞きます。

味は全く同じですねえ。

私の好みからすると、あまり好きではないんですが。。

好きな人は好きなんで、

まあ、ここは好みでしょうね。

 

何十年か前に、初代が海を超えてやって来て、

まあ、いろいろあったのでしょう。

本家分家、長男次男、血縁地縁、等など。

戦争、杭打ち、いろいろあったでしょうね。

 

中華を食べながら、いろんなドラマを想像し、

食べ歩きも悪くないんじゃないでしょうか。

日常の中に、ちょっと頭を働かせば、

大河ドラマ真っ青な話はいくらでもあるものです。

 

(異邦人として、いろいろあったでしょうねえ。でも味はお好みでいいんじゃないでしょうか。お好みでクリック!)

 

 

神戸南京町「皇蘭」の手づくり豚まん 【100g×3個】

神戸南京町「皇蘭」の手づくり豚まん 【100g×3個】