CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

マン島からの道 旅そのものを考える その14

f:id:gemini-yahata:20171212150958j:plain

岡山の自宅に着いてしまった焚き火の男

chuff.hatenablog.com

 

いや、本当に、これで最後です。

つまりは最終回と申しましょうか。

手元には彼からの原稿は、もうありません。

 

国境を初めて超えた男は、

自宅の山の上で、

私と語らいながら、

「旅」について考えます。

 

ではもう、最後ですよ。

==========

 

離れていた時間が長いほど、

その感慨は深い。 

以前、なぜ旅をするのかというテーマで、

誰かと語り合ったことがある。

 その時オレはこう答えた。

 

「帰ってくるためさ」

 

もちろんまだ見ぬ景色や、

予期せぬ出会いなどに、

ドキドキするのも醍醐味だろう。

 

だがそれと同じくらい、

疲れ果ててホームに帰ってきた時の、

安堵感がオレは好きだ。

 

だから旅に出るのだと。

 

帰ってくるためには

出ていく必要があるのだ。

 

当たり前だと言うなかれ。

これは実に奥の深い境地なのである。

 

オレ達は家の庭先にジュリアを乗り入れた。

半月ぶりの帰還である。

 

愛しの我が家は、

何一つ変わらぬ佇まいで、

オレを迎えてくれた。

 

心の中で「ただいま。」とつぶやく。

 

だが・・・戻ってきて、

最初に腰を落ち着かせるのはここではない。

 

オレの軽トラに乗り換えて、

自宅から見える山の方へ向かった。

そこにあるのは、

壁から屋根まで、

分厚いコンクリートで作られた、

怪しいシェルター。

 

そう、オレのアジトだ。

 

隠れ家、

もしくは秘密基地といってもいい。 

扉を開けると、

そこにはオレの愛するバイクたちが、

静かにオレの帰りを待っていた。

 

お待たせ。

 

近々、走らせてやるから、

もう少し待っていてくれ。

 

8マンとオレは、

椅子を取り出し建物の外で腰を落ち着かせた。

 

周囲を見渡すと、

そこには田舎特有の田園風景が広がっている。 

マン島の景色に比べたら、

それは極々、規模の小さなものである。

 

だがそれでいい。 

これがオレの日常の景色だ。

 

今年は梅雨に入ってほとんど雨が降っていない。

そのせいでオレの留守中、

建物のまわりの雑草は思っていたほど伸びていなかった。

 

それでも明日から、

少しずつ片付けていかなければならない。 

我が人生において、

最大のスケールとなったマン島の旅。

その長い旅路も、終りを告げた。

 

しかしこれは序章に過ぎない。

オレのワールドツアーは

始まったばかりなのだ。

 

次の行き先もすでに決まっている。 

追々、その準備に追われることになるだろう。

 

だが・・・

 

今しばらくは、

自分のささやかな日常を楽しみたい。

バイクを走らせ、

キャンプをして親しい友と酒を呑む。

 

まずは・・・

 

焚火だな。

 

========

 

さて、焚き火の男の旅は、

本当に終了しました。

彼にブログやろうぜと声掛けした時、

まさか、こういう流れになるとは、

全く予想もしていませんでしたねえ。

 

だって、これ夏前の

二週間弱の話ですからねえ。

 

途中で、年内一杯やるんじゃねえの?

なんて話していて、

「それはさすがに、ないない」

と言っていたのは、8月の終わり頃だったと思います。

 

皆様には長い間読んでいただき、

励まされ、呆れられ、

まあいろいろ楽しゅうございました。

焚き火の男になりかわり、

心から御礼を申し上げます。

 

以前書きました通り、

メキシコから既に帰国し、次回の「大河」も、

多分書いていると思います。

 

いましばし、お待ちいただければと思います。

ありがとうございました。

 

(この日、野際陽子さんが亡くなったんです。キーハンター好きでした。哀悼でクリック!)

 

キイハンター MUSIC FILE

キイハンター MUSIC FILE

 
キイハンター BEST SELECTION BOX [DVD]

キイハンター BEST SELECTION BOX [DVD]