CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

マン島からの道 その8 バーミヤン最高だ!

f:id:gemini-yahata:20171124125548j:plain

ついに成田まで帰ってきた焚き火の男

chuff.hatenablog.com

 

思いっきり抜け殻になっているようです。

分かるような気もしますけど、

なにもそこまで、っていうお話し。

 

ではさっそく。

 

 ==========

 

飛行機を降り、ターミナルへと向かう。 

中に入ると、最後の手荷物検査が行われた。

成田での検査は外国からの観光客と、

帰国した日本人とを分けて行われていた。

 

何の問題もなくオレはゲートを抜け、

空港ロビーへと向かった。 

ロビーの中はかなり混雑している。

お馴染みの宅急便の看板に、

大手フランチャイズの飲食店。

 

よくある日本の光景だ。

 

それを見ているうちにまた妙なムカつきというか、

苛立ちのようなものがこみ上げてきた。 

ドバイ空港でも感じた

あの嫌な感じだ。

 

 

オレは人混みが大嫌いだ。

基本的には誰もいない空間に、

独りでいる事を好む。 

スポーツでもチームプレイは苦手だし

車よりもバイクの方が好きだ。

 

だが今のこの感じは、

それとはまったく別のところに起因してる気がする。 

行きに立ち寄った空港でも、

マン島でも、常に人は多かった。

大混雑といっていいほどに。

 

にもかかわらずオレは、

自分でも意外に思うほど平気で過ごしていた。 

同じ人混みでも、何も知らない初めての場所と、

勝手知ったホームのそれとでは、

これほどまでに感覚が異なるという事なのだろうか。

 

まぁそれについてはまた暇なときに、

ゆっくりと考えればよかろう。 

何はともあれ無事に帰ってきた。

 

人生初の帰国である。

 

帰国、いい響きだ。

遠い異国から、郷愁とともに、

帰ってきたような言葉ではないか。

 

ふふ。

 

オレは船橋の友人に連絡し、

無事、成田に着いたことを伝えた。 

すぐ迎えに来てくれるという。

実にありがたい。 

それまでの間、スーツケースを自宅に宅急便で送ったり

役に立たなかったWiFiルーターを返却したりと

オレは空港ロビーの中を忙しく動き回った。

送るものを送り、

返すものを返して身軽になると、

なんだか急に体の力が抜けていった。

 

もう立っているのもしんどい。

 

1時間ほどして友人が到着した。 

車に乗り込み彼の自宅へと向かう。

船橋に着くまでの間、

オレは車の中でぐったりしていた。 

その途中、友人が

 

「何か食べたいものある?」

 

と聞いてきた。

本来なら待ってました!となるはずなのだが

オレの口から出た返事は

 

「何でもいいっす。」

 

投げやりというのではない。

頭が働いていないのだ。 

それに

 

本当に何でもいいような気がしていた。

 

友人の家に着き、荷物を置いた。

彼のマンションの真向かいにある、

フランチャイズの中華ファミレスに入った。

あの、バーミヤンである。

席についてメニューを広げる。

 

うわぁ、キレイだ。

 

メニューごときに感動している自分が不思議だった。

オレはチャーハン、餃子、

エビチリに麻婆豆腐と手当たり次第に注文していった。

出てきた料理を前に友人とビールで乾杯し、

その料理の一つ一つを口に運ぶ。

 

たかがファミレスの中華が

 

感動的な美味さである。

 

ビールも乾いた喉に染み渡る。 

これに比べたらマン島地ビールは汚水だ。

食い物はゴミだ。

いや、ちょっと言い過ぎたか。

いや、言い過ぎではない! 

 

だがこうして日本の飯を前にすると、

今さらながらにマン島で出会った食べ物に、

猛烈に腹が立ってくる。

 

オレは一心不乱に、

目の前の料理を胃に収めていった。 

マンションに戻りシャワーを浴びた。

その後、ベランダにでてタバコを吸った。

 

外はすっかり夜の闇だ。

午後9時を回っているのだから当然だ。

マン島ではこの時間で、昼間のような明るさだった。

 

いやぁ~、日本だねぇ。

 

友人が用意してくれた布団の上に、

倒れ込むようにして横になる。

横になったとたん、

一気に意識が遠のいていった。

 

============

 

くどいようですが、10日間の旅ですよ。

10年じゃないですからね。

10日前には、成田で吉野家食べてたの、私知ってますよ。

chuff.hatenablog.com

 

もしかしたら、人間は10日で、

かなり変われる生き物かもしれないんだけれども。

 

日本のカラフルさって、なんだか不思議な気がするんです。

きれいなんだけれども、全体としては灰色というか。

上手く説明できないんですけどね。

確かに、メニューのデザインは、

日本が一番レベル高いんじゃないでしょうか。

 

chuff.hatenablog.com

(確かにバーミヤンは美味しいと思う!王将も最高だ!今夜餃子はどうだい?でクリック!)