CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

マン島での道 その46 死者への敬意

f:id:gemini-yahata:20170706204254j:plain

マウンテンコースでもベンチを見つけた焚火の男。

chuff.hatenablog.com

そこで見たものは、意外なほど見慣れたものでした。

ではさっそく。

 

 ===========

 

そのベンチには、日の丸がついていた。

 

4年前のレースで亡くなった日本人レーサー、

松下ヨシナリ選手の名を冠したベンチだったのだ。

 

f:id:gemini-yahata:20171030153641j:plain

マン島では、レースで事故死したレーサーを追悼して、

その名を刻んだベンチを作る。

chuff.hatenablog.com

果敢にマン島にチャレンジしたレーサー。

しかも日本人のレーサー。

死して、魂はここに眠るのだろうか。

マン島で死んだレーサーに対する、畏敬の念は、

どのレーサーに対しても変わらない。

この島に来てみれば分かる。

彼らがいかに勇気と決意を持って走ったかを。

 

しばらく無言で見つめて、オレは手を合わせた。

 

それにしても、

亡くなったライダーを称えるのに、

なぜベンチなんだろうか。

 

本来ベンチってのは、

座ってくつろぐためのものなんじゃなかろうか。

しかし、その意味を知ってしまうとなんか・・・ 

座りづらいよね。



再び車に戻りオレ達は先へ進んだ。

次から次へとライダーが、

オレ達を追い抜いていく。

 レースを観終わったばかりの彼らは、

当然熱い走りになっている。

とんでもなく飛ばしているわけだ。

 

それが、まぁ何とも気持ちよさそう。

 

目に映る景色は、日本では経験できない雄大さである。

こりゃ、たまらんだろうなあ。

 

と思っていたら、道路脇の柵が壊れている所があった。

ついさっき、ハッチンソン選手がクラッシュした、

まさにその場所のらしい。

chuff.hatenablog.com

路面にはタイヤ痕が生々しく残っている。

それを見ると、我に返る。

栄光は、このような事故と、

常に裏腹なのだ。

 

普通に道を走るオレたちも、

何かの拍子に、あっさり転んだり死んだりする。

それをオレは自分を含め、いやになるほど見ている。

オートバイは、儚い乗り物なのだ。

しかもここはマン島だ。

猫が鰹節を好きなくらいに、普通のこととして事故がある。

 

標高があがるにつれ、

少し霧が出てきた。

大きめの駐車場に車を停める。

ライダーはみんなそこへ立ち寄る。

それには訳がある。

 

そこにはキング・オブ・ロードと呼ばれた、

ジョイ・ダンロップ銅像があるのだ。

f:id:gemini-yahata:20171030164627j:plain

近くで見るとかなりリアルに作られている。

ジョイ・ダンロップは、

1976年から2000年まで、マン島TTを走っている。

 戦績は、通算26勝。

“キング・オブ・ロード”と呼ばれるのも当然なのだ。

f:id:gemini-yahata:20171031192943j:plain

ヘルメットのアライが作ったのかな?

しかし、彼はマン島で死んだわけではない。

彼はエストニアの公道レースで死んだのだ。

ジョイ・ダンロップ - Wikipedia

因果な話である。

 

それでもマン島は、彼の銅像を作った。

マン島における、彼の存在の特別性が分かるだろう。

先ほどのシニアクラスで優勝したマイケル・ダンロップは、

彼の甥っ子にあたる。

kininarubikenews.com

 

写真を撮ったりしながら過ごしていると、

霧がどんどん濃くなってきた。

気温もかなり下がってきた。

さっきまで観戦していた街中に比べると、

格段に寒い。

 

オレ達は車に戻り再びコースを走り始めた。

 

==========

 

敬意の表し方には、世界中にいろいろあります。

マン島のレーサーに対する敬意は、

いろいろ考えさせられます。

 

焚火の男が言うように、座るのは抵抗がありますね。

これ、日本人の感覚なんです。

「そこに座る」ってことは、

キリスト教的には敬意の表れでもあります。

西洋人は、「座る」ということが、

彼らの文化にはなかったんです。

ずっと、基本立ちっぱなしだったんです。

(だからパーティーとかでずっと立ってられるんでしょう)

やがて、椅子に座るという文化が根付きます。

これ、大体キリスト教の影響です。

座るという行為が、踏みつけるような不敬ではないんです。

これなんか読むと分かりやすいです。

 

そこに座り、そして世界を見る。

それは象徴的な行為です。

彼らにとって、こういう椅子は、

のんびりするために座るわけではないのです。

もともと、休憩のために座る文化もありません。

それは日本人とアメリカ人くらいでしょう。

ここは、焚火の男は間違っていますね。

椅子というものに対する感覚が違うので、

それは仕方ないですけれども。

 

そこに座ること自体が、常に敬意であるわけです。

死者の見れなかった世界を、

今座っている人が見て、その人が死者を想う。

それは、死者の魂と並んで空を見ることなんです。

ですので、その魂の分の席があるので、

一人掛けではなくて、ベンチなんですね。

このとき、同じ天を見るという感覚だそうです。

座るということは、西洋人にとっては、

祈りの一つの形でもあるわけです。

 

(こういうのは、よく分からないもんだよね。でも決めつけはダメ!そこでクリック!)