CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

青さんの「大人の部屋」 嵐の夜に その3

f:id:gemini-yahata:20171024143955j:plain

一部でカルト的人気の「青さん」。

こちらで一気にいかがですか?

chuff.hatenablog.com

 

しかし、ここは「大人の部屋」。

お子様はご遠慮願います。

嵐の夜に、青さんがとった行動とは?

 

わざわざ嫌な思いはしなくてよいのです。

決心された方は、どうぞ。

 

 

chuff.hatenablog.com

すべてはここから始まりました。

そして物語は、次に続き、

 

その2はこちら。

 

果てることなき流れは、今夜も進むのです。

ではさっそく。

 

=============

 

強く降る雨がアスファルトを叩く音が、

私の中の何かを呼んでいる。

 

しかし、呼んでいるのは、
本当に雨なんだろうか。
あの日は
夜であり、運動直後で息も上がっていた。
私を呼ぶものの正体を、断定するには危険すぎる。

時々思い出しては考えていましたが、
数週間後、再び、強い雨の夜がありました。
部屋にいた私は、
 
疑問の答えを確かめるために動きます。
 
雨に唄えば」のように、
あえて雨中へ出ていくことにしたのです。
 

f:id:gemini-yahata:20171101232142j:plain



私が住んでいるのは、海辺の田舎町。
二階のベランダに出て周りを見渡しても、
同じ目線の高さより上で、
人間と目があうことはほぼ無いのです。
少し姿勢を低くすると、
完全に視界は遮断されます。

このベランダ で、
 
私を呼ぶものを見極める儀式
 
が、始まりました。
服が濡れるのもなんなので、パンツ一枚です。

ひさしがある部分では、
叩きつける雨が床で跳ね、
飛沫で濡れる程度です。
しかし、二歩進めば、
空から私を遮るものはありません。
あっという間に全身を大粒の雨が撃ってきます。

通る車もなく、
雨が地面を殴りつける音だけが支配する夜は、
やがて静寂に変わります。
 
雨がやんだのではなく、
耳が慣れてしまい、
頭が音を意識しなくなっていたのです。

音が消えていくに連れて、
私の中に、変化が起き始めました。
高炉に火が入ったかのように体の芯が燃えたぎり、
心臓が溶融金属のような血液を、
どんどん送り出し始めます。

行き先は、私の油圧クレーン。
ゆっくりと、しかし力強く。
命そのものが唸るような脈動は、
降りしきる雨を物ともせず。
 
凛として勃った男の武者震いです。

その時、それまでと同じように、
降り続ける夜の雨の風景は、
私にとって新鮮なものに変わりました。
総天然色!
新しい世界の扉が開いた瞬間です。

叩きつける雨は、
やがて私と世界の境界線を曖昧にし、
じわりじわりと、私が夜の雨に溶け出していきます。
頭の中が空っぽになり
命そのものが荒れる天候とひとつになった時、
そこには魅惑的な女体も、
それに触れるための己の肉体も、
不必要になっていきます。

夜に包まれた世界で、
雨が絶え間なく私を叩く。

高揚しているのか鎮静しているのか、
それすらよくわからなくなった頃、
 
私は間欠泉のようにほとばしったのです。

つづく
 
=============
 
いい!
これはいい!
 
まさに生命の躍動!
こういうのは、子供にはわかりません。
わかる子供は、嘘つきか、問題あるかです。
 
しかし、大人であれば!
 
わからぬ者は、未熟者です!
 
(しばらく、青さんの夜が続きますよ!待ちどうしいあなた!さあクリック!)

 

雨に唄えば 製作60周年記念リマスター版 [Blu-ray]

雨に唄えば 製作60周年記念リマスター版 [Blu-ray]

 
躍動

躍動

 
大正新教育の思想―生命の躍動

大正新教育の思想―生命の躍動