CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

やがて世界から「木」が消えるんですって。

f:id:gemini-yahata:20171031165916j:plain

長い長い地球の歴史の中で、

「木」は割と初期からあったんですって。

 

初期型の生命なので、実はかなり効率悪いらしいのね。

そういうことを専門家から聴く機会があって、

とても面白かったので、ここにも書いておきます。

 

植物に限らず、効率悪い生き物は消えてゆきます。

それを「淘汰」と呼ぶわけですね。

たくさん食べないと生きていけない動物とか。

水と光で光合成できる効率で、植物でもそれが起きるようです。

その考え方から行くと、世界の「木」はやがて消えるらしいんです。

「木」を駆逐するライバルは何かというと、

 

なんと「草」らしいんです。

 

 

草って、ごく初期の地球に、

まず生えた植物らしいのです。

シダ類とか。

とんでもなく厳しい条件下で

生まれた命なわけです。

ってことは、すごくタフなんですね。

 

そこから「木」が生まれてきたんだけども、

それは恵まれた環境によるところが大きいらしいんです。

たっぷりとあった二酸化炭素と、安定した気候。

酸素濃度の適切さ。

 

まあ人間で言えば、ボンボンらしいんですね。

だから、これまでの環境が崩れると、

「木」は一気に滅んでゆくと。

 

「どれくらいの時間が残ってるんですか?」

「一億年くらいじゃないですかね」

 

なんか、そこまでは想像できない時間軸です。

急にアホらしくなったんですが。。

しかし、知らないことを知るチャンスです。

頑張って聞きます。

 

「草」といってもいろいろあるわけです。

 

「では、どんな草が生きているんですか?一億年後に」

「ああ、竹でしょうね」

「竹って、あのバンブーですか?」

「実は、竹って色々あるんです。竹とバンブーは違うものです」

「ええ?そうなんですか!?」

 

ここからは長いので、Wiki貼っときます。

竹 - Wikipedia

ほぼこれと同じことを、専門家から聴くと、

面白いですけど、一時間はゆうにかかります。

 

ザクッとまとめると、

学派で揉めているんだそうですけど、

まあ竹を「最強の草」と考えていいらしいんです。

竹は、木よりも新しい生命らしく、

光合成とかの馬力が半端ないんですって。

そう考えると、竹の生命力を世界の人々が好んだのも、

当然といえば当然でしょうね。

 

「あのう、その竹だらけの世界のことですが」

「はい」

「素人なんで、素朴な疑問なんですが。。」

「どうぞどうぞ」

「その頃人間って生きていると思います?」

「ああ、それは断言できますよ」

「ほう!」

 

「地球では無理ですね!」

 

「そ、そうなんですか!」

「二億年後あたりでは、また大陸が集まって一つになってますからね」

「??一つになったら、問題あるんですか?」

「海が死にますからね」

「??」

「海流とか、全て止まるんです。死の海になると思いますよ」

「そうなる可能性はどれくらいでしょう?」

 

「ほぼ100%でしょうね」

 

「ほぼといわれるには、まだ少しは可能性がということですか?」

「いえ、その前に地球が何かにぶつかって、終わっちゃう可能性もありますかね」

 

専門家って凄いよね。

素面でこんな話普通にして、

「ちょっと失礼」とか言って、

話しながら誰かと、普通にLINEしてましたよ。

晩御飯の話だったらしいです。。

 

(なんだか、サイコホラー映画見たような不思議な怖さ。そこで名作をクリック!)

 

サイコ [Blu-ray]

サイコ [Blu-ray]

 
コレクター [DVD]

コレクター [DVD]