CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

神戸元町物語 実はすごいあのお店 放香堂

f:id:gemini-yahata:20171013141623j:plain

元町商店街を大丸側から入り、

西に歩いていきます。

 

本高砂屋を越え、風月堂を越えた辺りで、

お茶を押し付けられそうになったことありませんか?

 

私も最初は面倒だと思っていましたよ。

鬱陶しいなあと。

でもね、あそこ凄いお茶屋さんですよ。

 

お店の詳細は、こちらへ。

 

いつも推していますけど、

玉露の「鳳齢」

f:id:gemini-yahata:20171011170918j:plain

 

煎茶の「御光の滝」

f:id:gemini-yahata:20171013135335j:plain

 

これらは名前負けしていない、銘茶ですよ。

このレベルのお茶は、飲み方にも厳しくルールがあります。

それに従うと、至福の時間がやってきます。

 

でも今回は、お茶ではなく珈琲。

なんでも日本最古の珈琲店だそうです。

 

お茶屋さんの隣りにあります。

www.hokodocoffee.com

 

こちらでは、絶賛されていますね。

www.travel.co.jp

 

前から一度行ってみようと思ってました。

そう思ってる方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

ようござんす。私が人柱になりませう。

f:id:gemini-yahata:20171013140226j:plain

盛り上がります。

ほうほう。

f:id:gemini-yahata:20171013140310j:plain

うーむ、いい感じじゃないですか。

f:id:gemini-yahata:20171013140402j:plain
f:id:gemini-yahata:20171013140407j:plain
店内は清潔で落ち着いた感じです



ドリップを注文しようとしたのですが、

この店は石臼で挽いた豆で、

明治時代と同じコーヒーを出しているとのこと。

その名も麟太郎。勝海舟の幼名です

淹れ方はフレンチプレス。

こんなのですね。

 

明治がどんな珈琲なのか、興味あるじゃないですか。

注文してみます。

そしてやってきたのがこちら。

f:id:gemini-yahata:20171013140807j:plain

 

では飲んでみます。

 

 

 

マズッ!

 

 

 

考えてみれば、珈琲は進化してきたのですから、

昔の珈琲がまずくても、それは仕方ないのかもしれません。

お店を責めるべきではないのかもしれません。

明治の味を再現しているわけですから。

 

あまりに不味いので、ミルクを足しました。

f:id:gemini-yahata:20171013141012j:plain

 

まろやかになったはずです。

 

では飲んでみましょう。

 

 

マズッ! マズマズ!!

 

 

飲みきれませんでした。。

 

でもねえ、明治に思いを馳せながら、

飲むのはイイと思いますよ。

話のネタにはねえ。

なにせ、日本最古の珈琲が、税込み515円です。

神戸観光のネタとしてはイイと思います。

 

(元町は好きだけど、こういう事実はちゃんと書きますよ!その正直さに、ついクリック!)

 

春鹿 超辛口 純米酒15度以上16度未満1800ml
 

 

 

アサヒ スーパードライ 瞬冷辛口 缶 350ml×24本