CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

青さんの「拒絶のトリガー」

f:id:gemini-yahata:20171010183947j:plain

何かの拍子に入る(落ちる?)ことありますよね。

トリガー。

平たく言えば「引き金」ですが。。

 

じゃあ、日本語でいいじゃん!

御尤もでございます。

 

ゴロがいいからなんです、多分。

 

では、さっそく。

 ============

怪しい方との語らいは、

少ないながら経験しております。

陶酔型の危ない人は、造語を多用して早口です。

面白いですよ、私の知らない日本語が、

洪水のように押し寄せてきますから。

騙しに来る人には、

ガッチリとした事実に、

スパイス的な嘘が混ぜてあるパターンと、

カタカナ語を多用して、

脅かしてくるパターンがありました。

 

もっといるんでしょうが、

幸運にも会わずに済んでおります。

愉快なタイプの怪しい人は、

愉快な気分になるので、

私はきらいじゃないんですが、

騙しに来る人は恐ろしい。


私は日々、

自分は騙されるんじゃないだろうか、

と怯えてすごしておりますから、

相手の言葉をじっくり噛み締め、

なんなら確認をします。

 

例えばね、

本当にセールストークをしているのなら、

自分の発言を確認されることは、

面倒くさくても、

腹をたてることはないと思うんですよ。

でもね、怪しい人は必ず怒る。

私を信じられないのか、と。

失礼じゃないか、と。

でもね、本当は違うんですよ。

信じようと思うから確認し、

調べるわけで、

寧ろ真摯な態度なんですね、

目の前で色々調べるのは。

で、本題ですが、

 

カタカナ語を多用する人であります。



そう言うしか無い言葉については、

それはしょうがない。

でもね、ある種の人が使うカタカナ語は、

一種の虚仮威しでしょう。

そうじゃなければ不親切ですよ。

「お前がそれをそう呼ぶのならそう呼べばいいが、私に理解させるために話しているのならどうにかしろ、コノヤロー。」


心の叫びは口からは出てきませんが、

きっと表情には現れているでしょうね。

隠すつもりもないですから、私。

特定の業界内で使われるカタカナ語まで、

否定するつもりは…まぁ、あるんですが、

せめてそれを外に持ち出さないでほしいわけです。


やる気がある人を、

むやみに馬鹿にしたくはないんですが、

意識高い系が侮蔑の意味合いを持つのは、

彼らの一部が「伝えること」の

重要性を軽んじるからじゃろな、と思う次第です。


思考するための言語と、

意思疎通のための言語と。

使い分けなきゃいけませんよ。

口から、指先から、

外の世界に向かって放たれるものは、

できるだけ多くの人に、

特別な誰かに、

結局は自分以外の誰かに伝える手段であります。


それを、受け手の責任にして、

開き直ってはいかんぞな、と思うのです。

福沢先生は、あの鬱陶しく読みづらい

「学問ノススメ」を書く際、

「できるだけ平易に書いて、世の中の多くの人が読めるようにしなきゃ…」

と苦労されたそうです。

 

明治は凄いな、おい。


そういう工夫、努力を、

私は尊いと思います。

なので、物書きとか政治家とか、

特に言葉を商売にする人が使う

「知ってて当然でしょう」という、

大上段から来るカタカナ語を私は拒否します。

言いたいことが無いんだろうな、

と理解します。

普通の言葉で言えることを、

わざとらしくカタカナ語

表現する人を見る機会が多い日々に、

「読みにくい」という指摘をいただく私としましても

反省の機会を得ているこの頃でありました。

 

 

============

 

いいですねえ。

ええ、全くそのとおりです。

エグザクトリーです。

 

(これって、ルー語と変わんないよね。そう思ったあなたもクリックで業界通に!)

 

(日めくり)きょうのル-語 ([カレンダー])

(日めくり)きょうのル-語 ([カレンダー])

 
ルー語大変換

ルー語大変換

 

 

ハチ カレー専門店のカレールー1kg

ハチ カレー専門店のカレールー1kg