CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

マン島での道 その35 なんだここは!

f:id:gemini-yahata:20170706204254j:plain

どうにも愉快な博物館にやってきた焚火の男

chuff.hatenablog.com

金と時間があると、だれでもこんなことができるとは限らない。

あれほど金が余っていたバブル日本は、

結局つまらない箱モノだけを作っていただけ。

 

何かが根本的に違うようですね。

今回も唖然とします。

 

ではさっそく。

 

==========


バイクは2階に展示されている。

上がってみると、まさしく圧巻。

よくぞこれだけ集めたなと思えるほどのマシンが、

まるでバイク屋の陳列のように並んでいる。

f:id:gemini-yahata:20171002211247j:plain

 

しかもその内容はあまりにも貴重な、旧車、名車、珍車ばかり。

f:id:gemini-yahata:20171002211320j:plain

 

中にはそれこそ文化財級のクラシックマシンが、

何かで仕切るでもなく普通におかれている。

 

何台も。

 

うわぁ・・・飽きねぇ。

 

古いマシンは当然、性能では新型に劣る。 

だがその形状、デザインにおいては夢に溢れている。

当時の作り手が思い描いたであろう、そんな夢にあふれている。

 

人が憧れるものには必ず夢の片鱗が存在する。

そしてそれは美しく、カッコイイ。

 

オレが免許を取った頃は

車やバイクは自分の個性を写し出すアイテムだった。

各人の夢の具象だったのだ。

 選択肢も多かった。

だが残念なことに、現在の車事情は悲惨でしかない。

 

服で言えば、みんなが同じ制服を着ているような。

そりゃ、街中でハイブリッド車軽ワゴンを見かけるたびに、

ウンザリするわけですよ。

 

今、目の前にある貴重なお宝の山は、オレの憂いた気持ちを癒してくれる。

 

スバラシイ!!

 

1日、ここにいてもいいわ、オレ。

 

だが・・・そういうわけにはいかないという現実。

それ程の時間はない。

1時間半ほど博物館で過ごし、オレ達は次の目的地へ向かった。

まぁ次といっても車で5分ほど。

頑張れば歩いても行ける所にそのジャンク屋はあった。

 

その名も「JURBY JUNK」

f:id:gemini-yahata:20171002212206j:plain

 

そのまんまである。

最初は車やバイクの中古パーツを扱っている店かと思っていたのだが

どうやら雑貨を扱うリサイクルショップのようだ。

 

中に入ってみると、入り口付近にレジがありそこに

猫を抱いたオバサンが座っている。

 

実に怪しい。

 

店内はというと・・・狭い。

そして、妙にホコリっぽく何が何だかわからない。

 

倉庫というかゴミ屋敷というか。

f:id:gemini-yahata:20171002212649j:plain

 

置いてあるのは、

オモチャや古めかしいポスター、

そして怪しい置物などなど。

なぜか天井にはバイクが吊るされていたりする。

 

f:id:gemini-yahata:20171002212728j:plain

あれも売り物なんだろうか。

 

もしかしたらお宝が眠っていたりするのかもしれないが、

ここでそれをじっくり探そうという気にはとてもならない。

 

他のやつらはあれこれ物色しながら買い物をしていたが、

オレは早々に店を出た。

 

外にはこの雨の中、置かれた売り物のTシャツがずぶ濡れになっているし。

f:id:gemini-yahata:20171002212813j:plain

なんか色んな意味でメチャクチャである。

 

隣が古本屋になっていたのでのぞいて見たが、

まさに物置。

f:id:gemini-yahata:20171002212759j:plain

 

この状態で欲しい本を探すのは至難の業だろう。

それでも他の地元のお客さん達は、

熱心にあれこれ手に取って探している。

 

この島の人たちは、

それだけ時間に余裕があるという事なんだろうか?

 

だったら店の中ももっと整理しろよ

 

と言いたくなる。

 

しばらくすると他のやつらも買い物を済ませて出てきた。

そして次にオレ達が向かったのはピールという港町。

 

ここには古い城があり近くの会場でこの日、バイクのイベントが開催されているらしい。

 

そしてオレ達はそこでとんでもないものを目にする事になる。

 

============

天井からぶら下げられているバイクの説明を読んでみると、

 

ウィリーキングのデイブ・テイラー大英帝国五等勲爵士

1977年に、マン島TTコースをウィリーで走り切る

 と書かれている。

どうも、ウィリーだけで勲章もらったオッサンの、記念マシンのようですな。

MBEとはナイトの地位で、英国人ならば「サー」を名乗れます。

大英帝国勲章 - Wikipedia

真田広之がもらってるんですね!

アデルやポール・マッカートニーと同レベルってか!

www.youtube.com

この方ですね。

f:id:gemini-yahata:20171002222432j:plain
f:id:gemini-yahata:20171002222435j:plain

なんか、調べてたらすごい人みたいです。

vimeo.com

1977年のマン島らしき動画もチラッと出ています。

英語ができなくても楽しめますよ。

慕われていたようですね。

 

(普通に街にあるんだなあ。。すげえモノ観たってわかってんだろうか、こいつ。そこでクリック!)

 

マン島TTレース2017 ブルーレイ [Blu-ray]

マン島TTレース2017 ブルーレイ [Blu-ray]

 
マン島TTレース2016 DVD

マン島TTレース2016 DVD

 

 オマケ。

偶然見つけました。かなりキテマスネ。

イギリスですね。1980年代と思われます。

フィルムですね。

www.youtube.com