CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

マン島での道 その32 旅の予定なんて

 

f:id:gemini-yahata:20170706204254j:plain

レースの予選は中止されました。

chuff.hatenablog.com

マン島では、当然のこととして事故が起こり、

いともあっさりと、その日の予定が変わってしまうようですね。

 

さて、焚火の男はどうするんでしょう?

 

============== 


シニアクラスの予選は、唐突に終わってしまった。

このあとに予定されていたゼロクラスの予選も、

この事故の影響で翌日に持ち越しとなった。

 

ここまででも、天候や事故に左右されながら、

プログラムはかなり変更されつづけている。

 

オレの持っている予定表は、もはややなんの役にも立たないし、

その事自体はもうどうでもよくなっていた。

 

毎日、朝起きてから、

観光するにしてもレースを観るにしても

その日、その日が常に

 

ドキドキ、ワクワクしている。

 

おまけに予期せぬ出来事の連続。

この目まぐるしい時間の流れの中に、

退屈という言葉は存在しない。

そういう日々は、たくさんのエネルギーを使う。

 

つまり腹が減る。

ここ、マン島ではかなり切実な問題である。

 

帰り道で立ち寄ったスーパーで、

棚に陳列された食品を前にオレは悩んでいた。

今さら悩んだところで、どうにもならない。

美味しいものは、ないのだ!

我慢して腹を満たせばそれでいいのだ!

chuff.hatenablog.com

わかっている。しかし、

 

オレはとっても往生際が悪いのだ。

 

この期に及んで、

まだ何か手はあるはずと思案してしまう。

そして思いついた。

 

抱き合わせてみてはどうかと。

 

とりあえずオレは、一番マトモな食い物だった、

カレーのようなものを手に取った。

そしてもう一品と、一緒に食えばいいのだ。

はずれを買う必要はない。

カップ麺なら、そう間違いはないだろう。

日本でも弁当や丼物に、麺類を組み合わせることは多い。

試してみる価値はある。

 

カップヌードルがあれば一番良かったのだが、

あの世界基準は、なぜかマン島にはない。

そこで、地元のものを二品ほど購入。

かなり怪しい気もする。

 

f:id:gemini-yahata:20171001221238j:plain

家に戻りさっそくに夕食である。

 

カレー(のようなもの)をレンジに入れ、

カップ麺にはお湯を注ぎ、

待つ事、3分。

 

封を開けると双方ともスパイシーな香りが立ち上り、

食欲だけはそそられる。

 

もしかして、いけるか?

 

まずは未知なるカップ麺を一口。

これは味のベースがコンソメなのか。

マズくはないがやはり味がない。。

麺も食感は日本のものと変わらないが、

味はほとんどないといっていい。

 

だがこれは想定内。

 

経験が男をタフにするのだ!

問題はカレーと一緒に食べた時の相性だ。

それぞれは味気無いが、コンビになると、

隠れたうま味を引き出すのではないかと・・・

 

 

単純に深読みしすぎだった。

期待した俺がバカだった。

 

おいしくないものと、

おいしくないものを組み合わせると

ただただ、おいしくないものの量が増えただけでした。

 

答えというのは、いつもシンプルなものなのだ。

==============

 

人間という生き物は不思議なもので、

(-)と(-)を組み合わせる時には、

多くの人がこれを連想するようです。

(-)×(-)=(+)

 

でもね、普通に考えたら、

(-)+(-)=(-)

というのが真理だと思います。

 

絶対的真理って奴ですね!

 

しかも、イギリスですよ。

【(-)+(-)】×(i)=n(-)i

ですよ!

 

虚数の底なし沼で、もがきながら、明日のドアをノックしろ!そこでクリック!)

 

日清 カップヌードル 77g×20個

日清 カップヌードル 77g×20個

 

 

 

虚数の情緒―中学生からの全方位独学法

虚数の情緒―中学生からの全方位独学法