CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

僕は古い車に乗っていて その15 日常整備2

f:id:gemini-yahata:20170713182654p:plain

路上で車が燃えたり、エンジンが壊れたり、

修理にとんでもなくお金がかかったり。

 

いやでしょ、そういうの。

平気な人は、バリバリお金を使って経済を回してください。

エアコンつきのガレージ。

電話一つで積載車に来てもらう。

それはそれで、アリだと思います。

お金であろうと、道具であろうと。コネであろうと、

あるものはガンガン使いましょう。

それも、大切なことです。

 

 

しかし、多くの人はそこまで余裕ありませんからね。

なので、これくらいはやらないとね、のシリーズです。

前回はこちら。

chuff.hatenablog.com

知恵と手間で、多少なりとも問題を減らしましょう。

超初心者向けなので、マニアはスルーしてください。

これは、オートバイでもやってることは同じです。

各所の形や場所が異なるだけです。

 

前回は冷却水のチェックでしたね。

今回は、オイルのチェックです。

エンジンによって場所は違いますけど、

必ずこういうものが出てるはずです。

 

これも、エンジンは冷えてる時のほうがいいですよ。

やけどしますから。

f:id:gemini-yahata:20170923225243j:plain

?のマークみたいな針金です。

まずこれを発見しましょう。

 

発見したら、白い布きれか、ペーパーウエスを用意して、

なければ、キッチンペーパーでもいいです。

さあ、抜いてみましょう。

刺さっているだけですので、スコッと抜けるはずです。

 

f:id:gemini-yahata:20170923225247j:plain

こんなのが出てくるはずです。曲げないようにしましょう。

これについてるオイルをふき取り、戻します。

一番奥まで差し込んで、すぐに抜きます。

f:id:gemini-yahata:20170924132940j:plain

 

するとこうなります。

f:id:gemini-yahata:20170924132000j:plain

たいていは、棒の先に上限と下限が書かれているので、

真ん中から上限までの間にあれば大丈夫です。

限界まで下げたがる人もいるんですが、

古い車ではお勧めしません。

なぜなら、走行中にオイルだだ漏れあるかもしれないでしょ?

それの可能性を考えて余裕が欲しいからです。

私は上限いっぱいを好みますけど、

これは気分の話以外何ものでもありませんね。

 

オイルの色や状態をチェックしましょう。

黒いからといって、悪いとは言えないオイルの世界。

ここを読んでお勉強してもよいかと思います。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~yamamoto-works/

私がオイルに目覚めたのは、こちらの山本さんの影響が大きいですね。

日本一信用できるオイル屋さんです。

 

オイルに触ったり匂いを嗅いだりしましょう。

ヌルヌルしていること、刺激臭がないこと、これはいろいろアレですね。

大事なことです。

 

アレって?

これです。

f:id:gemini-yahata:20170924132825j:plain

こういう感じが、いいオイルですね。

 

いったい何と勘違いしたんですか?

ほんと、いやらしい!

 

そして、その針金、オイルゲージと言いますが、

それをもとの穴に戻して、奥まで刺しましょう。

この時点でオイルが足らなければ、足してこの作業を繰り返します。

でも、オイルの入り口ってのが分からないひともいるでしょうね。

大体は、エンジンの一番上のほうの目立つ場所にあります。

f:id:gemini-yahata:20170924000215j:plain

私のだと、エンジンの上にある、四角い蓋がそうですね。

イタリヤの車なので「OLIO」と書いてありますが、

普通はOILと書いてあるはずです。 

 

もしくは、いろいろ覚悟して、車屋さんに直行です。

 

さあ、オイルまでは終わりましたね。

次回は、キャブレターまわり

ですね。

 

(こんなことまでやるの?バカじゃない?お目が高い!まさにその通り!これは便利!そこでクリック!)

SCOTT Shop Towels ブルーロール 55枚2ロール組

SCOTT Shop Towels ブルーロール 55枚2ロール組