CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

マン島での道 その13 愛しのマクドナルド

f:id:gemini-yahata:20170706204254j:plain

マクドナルド。

経済学でも、その国の経済基準単価によく使われるほど、

いろいろ均一なはず。

値段も味も。

 

昔は私も、そう思っていた事ありました。。

 

では、いってみましょう!

 

 ===========

 

車で5分ほど走ったところにマクドナルドはあった。

店の外装は日本のそれと大差ない。

 

f:id:gemini-yahata:20170806081407j:plain

 

店内に入ってみる。

 

客は多い。大盛況と言ってもいい。

 

オレがこの日食ったハンバーガーが、

この国のスタンダードとするなら、

マクドナルドは超が付くほど、

美味なはずだ!

 

レジの後ろのボードに写真が載っているが、

 

別格にウマそうだ。

 

オーダーシステムは、日本でも見た事のない最新式。

 

f:id:gemini-yahata:20170806081530j:plain

人の背丈ほどもあるディスプレイ。

画面タッチでメニューを選びオーダーする。

支払いはカード、現金どちらでもOKだ。

 

昼に普通のハンバーガを食べていたので、

ここではチキン何とかバーガーの、

セットをテイクアウトでオーダーした。

 

値段は6ポンド。

 

やはり少し高い。

 

だがそんな事はこの際、どうでもいい。

マン島TTの観戦は、結構体力を使う。

 

オレはまともな食事を摂りたいのだ。

 

商品を受け取り、早々に家に戻る。

さぁ夕食の時間だ。

 

セットのドリンク、ポテト、チキン何とかバーガー!

テーブルに並べるだけで、ワクワクする!

 

f:id:gemini-yahata:20170806081735j:plain

 

やはりいいですなぁ。

まともなビジュアルを持つ食べ物は。

 

 

それが目の前にあるだけで、幸せな気持ちになれる。

マン島まで来て、

マクドナルドに癒されるとは思ってなかったけど。

 

 

オレはバーガーを手に取りかぶりついた。

 

次の瞬間、シーザーのセリフが頭を過る。

 

マクドナルド、お前もか!?

 

味、薄っ!!

 

 

 

世界展開しているマクドナルドなら、

どこでも同じだと決めてかかっていた、

オレの思い込みが良くなかった。

 

ここはあんな気の狂ったようなレースを、

100年以上続けている島なのだ。

自分の中にある普通を、

当てはめてはいけない。

 

食に関しては、もうまさに八方ふさがりである。

そんな時、最も有効で簡単な策は

 

諦める事だ。

 

エミレーツ航空が、いかに偉大か。。

chuff.hatenablog.com

 

食事を終え、ホームステイしているメンバーと、

ビールを飲みながら、情報交換をした。

次の観戦ポイントを決めないといけない。

 

この日、バラバラの場所で観戦していた。

そこから出てきた数々の情報を集め、

オレは明日の観戦場所を決めた。

 

コース最大の段差があるジャンピングスポット。

 

バラフ・ブリッジ。

参考画像はこれだ。

f:id:gemini-yahata:20170806082422j:plain

f:id:gemini-yahata:20170806082734j:plain

 

ここは目の前にスーパーもあり公衆トイレもある。

マシンが最高速をたたき出すサルビーストレートへ移動もできる。

 

何よりもあのイカレた連中が、

この難所をどう攻略しているのかぜひ見てみたい。

 

時刻は夜の10時を回っている。

マン島の短い夜が始まろうとしていた。

 

==================

 

やはり、そうでしたか。。

マクドナルドは、中国で食べると中華風。

フランスでは、マヨネーズが濃厚。

ということは、イギリスでは。。。

 

さてさて、この全ライダーがジャンプする、

バラフブリッジ。

なにせ、速度が乗ってますから、

トラック一台分くらいは、シュン!と飛びますからね。

 

なにせ、平均で200キロ超えているのですからね。。

 

(ってことは、日本のマクドナルドは、醤油風味なのか?そこでクリック!)