CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

ある夏の日 ベランダで考える

f:id:gemini-yahata:20170804163630j:plain

夏の日の朝。

思索に向いているような気がするんだけど、

どうかな。

 

ドイツ人は、冬がそれに向いてると言う。

 

彼らは体力が有りすぎて、

閉じ込められてないと、きっと騒ぎ出すんだろうな。

 

 参考文献

chuff.hatenablog.com

 

フランス人は、秋がいいと言っていたような気がする。

彼らはともかく好戦的だから、秋が穏やかなのかもしれない。

 

参考文献

chuff.hatenablog.com

 

お国柄とはよく言うけれど、思い込みはいけないとも思う。

でもさ、案外よく表現されていることも多いよ。

外れていないというかね。

 

そこで、日本の夏が、

何故思索に向いていると感じたのか、考えてみた。

 

やはりね、歴史ある国ってどこも似ているけど、

基本的に暗いんだと思う。

正確には、行き詰まるって言う方が正しいのかな。

 

行き詰まるってことが、基本的に分かっているから、

最後は諦められる時が、思索に向いているのかもしれないな。

 

もう、暑いから、なんでもいいや!

 

という、結論に到れる安心感。

 

これは大きいんじゃないかな。

 

この「なんでもいいや!」という感覚は、

危険でもある。

 

「どうでもいいや!」と投げやりになる感覚に近い気がするからだ。

でも、どうでもいいことは、僕らの日常に殆ど無いから、

行き詰まってくるわけだろうし。

 

そうすると、なにか暗いものが忍び寄ってくる気がするんだ。

 

その点、夏はいい。

諦めが付く。

なんたって、暑いからね。

 

オートバイで何処かへ走りに行こうよ!

ってな気分になってくる。

 

f:id:gemini-yahata:20170804180240j:plain

 

朝がいいのも理由がある。

太陽が輝いて、うだるほど暑い時間が長ければ、

それこそ、結論は揺るがない。

 

もうなんでもいいや!

 

その救いがない場合、僕らの国は、暗くなるような気がする。

夏の夕方には、あまり思索はしたくない。

 

なんだか、とても危険なことのような気がする。

 

f:id:gemini-yahata:20170804180753j:plain

 

この電柱の生涯を考えてみたり。

 

いや、それはないか。。

 

でも、暑いんだし!

蝉はうるさいし!

 

なんでもいいや!

 

(なんでもいい、と、どうでもいい、は別の言葉だと気づいた。そこでクリック!)

 

Holts(ホルツ) おうちほるつ なんでもクロス 48003

Holts(ホルツ) おうちほるつ なんでもクロス 48003

 

 

 

SK11 ストロング万能ハサミ SST-250

SK11 ストロング万能ハサミ SST-250