CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

ほんと、ナローだった時代に

f:id:gemini-yahata:20170803175138j:plain

普段ラジオを聞かない。

AMラジオはパーソナリティーの下らない話と、

通販の宣伝が嫌いだ。

 

FMは妙に軽く前向きなDJの話し方が嫌いだ。

今日、歯医者でFMが流れていて、

久しぶりに聞いてみたが、やっぱりクソだ。

でも考えてみたら、昔から嫌いだったわけではないな。

 

 

エアチェック、って言葉を知ってるかい?

FMをカセットテープに録音するんだ。

結構やっていたね。

ロンドンやニューヨークの音楽を、

ラジオが届けてくれた時代があったんだよ。

 

チューナーの針を動かし、

遠くの街の、新しい音楽を聴いていた。

 

そんな時、DJは、曲の説明や、

ミュージシャンの逸話を淡々と話した。

よく覚えている話がある。

 

その男はロンドンのサビルロウでスーツをオーダーする。

ブラックスーツがお気に入りの彼は、ジャズのドラマーを夢みていた。

だから彼のドラムはいつだって正確だ。

男の名前はチャーリー・ワッツ

ローリング・ストーンズをスィングさせる彼は、

クラッシクなブリティッシュスーツを好む。

次の曲はPaint it black」

 

www.youtube.com

 

こういのもあった。

AMしかないカーラジオから、

深夜にビートルズがかかっていた。

ハードデイズナイトをたっぷり一枚分連続で放送した後、

女性の声でこう流れる。

 

「今夜は雨です。このアルバムは不思議と似合う気がします。ロンドンは雨の多い街だからでしょうか。でも、リバプールはどうなのでしょうか。港町だから、きっと雨は似合うでしょう」

 

ウルフマン・ジャックは、映画「アメリカン・グラフィティ」の中で、若者ののためにリクエストに応じる丘の上の海賊放送局のDJだ。

いつもアイスクリームを食べている。

主人公は、直接ラジオ局に行って、

通りすがりの美女へのメッセージを伝えようとする。

しかしがウルフマンは、自分はウルフマンじゃないと言い張る。

 

「ウルフマンは、世界中を飛び回っているんだ。神出鬼没さ。俺のようなしみったれた男のわけがない。君の伝言は彼に伝えよう」

 

世界は広く、人々は手の届かない世界の存在を知っていた。

いつだって、人間は無知で愚かだ。

しかし、ほんの少し前まで、

無知なことは恥だったな。

少なくとも恥ずかしいことだったな。

 

今や、誰もが自分は有能で、やることは正しく、

知らないことに対しては「意味がない」と吐き捨てるけどね。

 

薄氷のような自信を持ち、

知らない世界を、

手のひらにあるかのように語ったりね。

 

でもボクは、初めて女の子の家に電話した時の、

夕方の電話ボックスの空気が懐かしい。

 

聴きこんだレコードの溝に流れるノイズが恋しい。


イーグルスホテル・カリフォルニアが流れたた時、

客全員が耳をすました、古い喫茶店を愛おしく思う。

 

初めてギターでFを押さえられた時、

もっと世界は身近にあった。

 

それは、ちゃんと遠いってことを知っていたからだと思う。

 

南極や北極が寒いってことぐらいは知ってる。

言われなくてもね。

でも、そうかい?

本当に?

 

(知っているだけの事が、案外多いよね。そこで、クリックだ!)

 

アメリカン・グラフィティ [DVD]

アメリカン・グラフィティ [DVD]

 
アメリカン・グラフィティ オリジナル・サウンドトラック

アメリカン・グラフィティ オリジナル・サウンドトラック