CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

サマータイムで行こうよ!

f:id:gemini-yahata:20170727154144j:plain

ジャズのスタンダードに、サマータイムという曲があります。
 
いわゆる「名曲」といっていいでしょうね。
 

 

 
ここでは、大好きなヘレン・メリルで。
多くのジャズシンガーに歌われているけれど、
わたしが最初に聞いたのはジャニス・ジョプリンで、
 
ほぼ違う曲と言っていいくらいに、
アレンジもメロディーも変わっていたので、
同じ曲だと気づいたのは、ずいぶん後でした。 


わたしが彼女に出会ったのは、もう30年以上昔の話しでありました。
いろいろあったとだけ、申しておきましょう。
 

 
彼女がそう遠くない街で、
平凡に暮らしていることを、
数年前に偶然知ったけれど、
それも別になんという事はありません。

それが、なぜか昨日夢に出てきたわけです。
わたしは夢のなかでも驚いていたのだけれど、
詳細はあまり記憶にありません。

目が覚めて朝食を食べ、珈琲を淹れて飲みました。
しばらくぼんやりしながら、外の空の青さを眺め、
カップを持ちながらベランダに出ました。

 
いい朝です。
陽は強く、軽く風が吹いて、空気は乾いています。
だから、この地方にしては珍しく空が深く青い。
洗ったジーンズが堅く乾きそうな朝です。
 
カフェインで頭がはっきりしてくると、
彼女の記憶の痕跡は消え始めました。
シャワーを浴びると、
もう殆ど残っていませんでした。

出かける準備をして、外に出ました。
車に乗り、サングラスを掛けました。
シフトレバーのメッキが、
強い光を反射していました。
私は目を細めながら、
勝手なことを思っていました。
 
 

そんな自分にちょっと驚いたけれど、
もし今日、誰かがどこかで、
わたしにそう思ってくれたら、
それは悪いことではないでしょう?
 
それで、路地から車を出しながら、
窓を下げ、空を見上げ、もう一度思うことにしました。
 
 

(最近俺も、めっきり老けたような気がしてきました。間に合ううちにクリック!)
 

 

サマータイム

サマータイム

 

 

 

サマータイム

サマータイム