CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

ホームレスの交通整理 アメリカのお話

f:id:gemini-yahata:20170802002127j:plain

ロスアンゼルスにいたときの事。

あの街では車がないと、とんでもなく不便だ。

 

だから、まずレンタカーを借りた。

ガソリンの入れ方を習い、

慣れるしかないから、比較的安全な道を、

友人に横に乗ってもらって、走っていた。

 

 

意外に思われるかもしれないけれど、

ロスアンゼルスで、もっともおっかない場所はハリウッドだ。

特に夜は、ダウンタウンの比じゃない。

昼間だって、とんでもないのがいる。

 

その頃よくあったのは、交差点で子犬を抱いているジャンキー。

目が合うと、子犬を車に放り込んで、100ドル要求してくる。

断ると、その場で子犬の首をへし折ると、脅してくる。

 

まあ、なんともな時代だったと思う。

それに比べれば、ワインクラッシャーとかは、まあ可愛い。

 

そんな時代のことである。

俺が車で信号待ちしていると、中年のホームレスが、

俺の車の前に立ちはだかった。

スーパーのカートに、空き缶とかゴミを山盛りにした、

みるからに、ヤバそうな奴だった。

 

俺は窓を閉めて、ベルトを抜いてバックルを振り回せるようにした。

 

ホームレスは、よぼよぼ歩く老女をエスコートしていた。

老女は彼に気づいていない。

老女がわたり終えるまで、道を遮断していたのだ。

 

けっこう、広い道で

(まあ、ロスは裏通りまで広い道ではあるけれど)

全力で、老女をエスコートしていたのだ。

 

彼女が渡り終えると、彼は待っていた数台の車に頭を下げて

 

Hey guys ! Have a nice day ! You get it !

 

と言ったのだ。

そして、カートを押しながら、どこかへ消えていった。

 

俺は、なんだか猛烈に嬉しくなって、

友人に喋りまくった。

彼らの反応は、至ってクールだった。

 

「普通だよ、それ」

 

その言葉を聞くたびに、俺は猛烈に悲しくもなった。

 

アメリカと言う国が、素晴らしいとは思わない。

ただ、基本的に優しい人がとんでもなくいる。

もちろん、嫌な奴もとんでもなくいるけれど。

 

でも、俺はあの時、アメリカを尊敬したのは、事実なんだよ。

ヨーロッパとも、アジアとも、日本とも違う、

あの空気。

 

俺はベルトを締め直し、窓を開けて走り出した。

しばらくしたら、子犬を放り込まれそうにもなったけどね。

 

(多くの国で、いろんな人にお世話になっただろ?感謝を込めてクリックはどうよ?)

 

ジェームス・ブラウン ザ・ベストコレクション

ジェームス・ブラウン ザ・ベストコレクション

 

 

アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書

アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書