CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

マン島での道 その9 スーパースポーツクラス2

f:id:gemini-yahata:20170728123708j:plain

近所の家の前を、

時速300キロのオートバイが駆け抜けてゆく。

 

この非日常の世界を、

文章で表すのは、難しいでしょうねえ。

写真も、もっと難しいでしょうし。。

 

まずは、最初のレース、スーパースポーツクラスのゴールです!

 

 =============

 

これは観戦場所によっては、

見る方も命懸けと言えるかもしれない。

 

次から次へと、

目の前をマシンが走り過ぎていく。

 

皇居から松本城までを、80分で着く速度で。。

いや、ここは、もっと出ている。

全員が、300km/hを超えているのだ!

 

ホームストレートを全開で駆け抜けるのは、

別にマン島TTに限った話ではない。

どのサーキットレースでも当たり前の光景である。

 

だがこれほど幅の狭いコースで走るマシンを、

この距離感で見るのはまさに

 

圧巻!!

 

なのにこれがなかなかに伝えづらい。

なんとか捉えた画像など確認してみると

普通に民家などが背景にあるため、

街中を暴走車両が走っているようにしか見えない。

 

コンビニの前でアイスコーヒーを飲んでいるとしよう。

店の前の県道を、300km/hのオートバイが、吹っ飛んでいくのだ。

手を伸ばせば、さわれそうな距離のところを。

 

 

それにしても

彼らは本当にこのコースをまわって戻ってきているのか。

そしてこの先、あと3周も走るのか。

 

余りにも現実離れした目の前の状況にオレは 

圧倒されていた。

 

観客の熱狂ぶりも凄まじい。

 

目の前を通り過ぎるマシンのどれがどの選手なのか、

どれが先頭で最後尾はどのマシンなのかまったくわからない。

 

いや、今となってはどうでもいい。

 

それは問題ではないのだ!

 

 

ここで走っている奴らは皆、同じだ。

 

人として

 

何かがぶっ壊れていて、

そして何かが飛び抜けている。

  

見ていてゾクゾクする。

 

そんな奴らが走る様を時折、

カメラのシャッターを切りながら目で追いかける。

 

気が付けばレースは終了していた。

 

スーパースポーツクラスは、

本命であるマイケル・ダンロップの優勝で幕を閉じた。

ガイ・マーチンはどうやらこのクラスに、

エントリーしていなかったようだ。

 

=============

 

レーサーは、もちろん勝ちに来てるんでしょう。

レーサーですからね。

 

観ている方は、もうその熱気にやられてしまうんでしょうね。

うーん、カッコイイ!

 

(こりゃかなわんよなあ。素直に認めよう!認めたらクリック!) 

 

 

 

 

マン島TTレース2016 DVD

マン島TTレース2016 DVD