CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

オートバイへの道 免許取得体験記 その14

f:id:gemini-yahata:20170728113937j:plain

男、昼寝から覚めたら、突然オートバイに乗りたくなった。

 

彼の名は「青陽舎」さん。

略して青さん。

 

突然のルート変更。

これはパニックですね。

 

どうなったのでしょう?

いってみましょう!

 

=============

本来なら、8の字を抜けて左折、

一時停止から左折、というルートですが、

そこを端折れ、と。

 

後から考えればさほど難しくはないんですが、

その時の私は400ccにまたがって、

確認と方向指示を必死にやっつけている最中であります。

 

半クラ半クラ、アクセル、アクセル、

と念仏のごとく唱えている私に、

 

急にコース変更を言わないでください。

 

ちょっとパニックになりつつも、

必死でコースを思い出して戻りました。

ついでに方向指示器の操作も端折ってやりましたよ。

 

見極め不良待ったなしです。

 

その後も、二つ並んだクランクコースで、

隣のコースをフラフラする、お嬢さん(推定50歳)が気になって、

半クラをしくじったりアクセルを忘れたりで右足接地。

 

集中しなきゃダメだ。そんなことはわかっちゃいるんですけどね。

おば…嬢様が恐ろしくて気が散ってしょうがない。

しかし、そこはそれ、

 

精神論に定評のある私です。

 

その後は根性で立て直し、

急制動サードギアに入れ損なうことはありつつ、

なんとか無事に走り終わりました。

 

クラッチを丁寧に、アクセルはうるさいぐらいに、と心がけてください。曲がるときに膨らむ癖が有るようなので、速度を調整して、うまく曲がってください」

 

結果は見極め良好。

 

無事、第二段階へ進むことができました。

想像以上に順調な進み具合です。

 

でもね、冷静に考えると、

よっぽど悪くない限り、

ここまではスムーズに行けるものでしょう、恐らくは。

 

油断大敵ですな。

次の教習から、ようやく届いたバイクブーツを使ってみようっと。

 

実はね、その日に第二段階の一時間目である

「シミュレーター」も受けてきたんですよ。

 

正直な話、別に要らない時間じゃないかと思うんですが、

路上教習のかわりの時間だ、と説明されると沈黙を守るだけです。

 

二輪の路上教習…死人がでかねませんねぇ。。

 

なんだかんだいいつつ、

見極めに受かる前提で第二段階の教習を予約していた

私も大したものですな。。

 

落ちてたらどうする、

落ちてたら。

 

でもしょうがない。大人は忙しいのです。

次回の教習は、新たなコースで技術の精度をあげていくそうです。

今までは、二輪専用教習コースで、

無免許の二輪に混じって走っておりましたが、

 

次回は一般コースでの教習。

 

無免許の「普通自動車」の合間をかいくぐって走るわけです。

怖さの質がちがうなぁ、おい。

 

でもほら、四輪の教習車って教官の足元にもブレーキがついてるしね。

心配するほどのことはないと思うんですよ…

 

=============

 

よく考えたら、二輪車は免許取ったら、

突然路上に出るわけですね。。

 

ああ、これは怖い。

 

私はどうだったのでしょう。

なにせ、16歳の時ですから、

何も考えていなかったのでしょうねえ。。

 

自動運転ができるようになったら、もっと怖い事おこりそうですねえ。。

 

(時代は流れるから、結局あわせるしかないんだけどね。今のうちにクリック!)

 

 

フェリスはある朝突然に スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

フェリスはある朝突然に スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]