CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

剃刀で行こう!

f:id:gemini-yahata:20170722104912j:plain

 

朝剃った髭が、どうにも気に入らず、

男は床屋で髭を剃らせた。

 

床屋の使う剃刀は、古臭い一枚刃の剃刀だった。

男は、床屋が磨くそれを横になりながら見つめていた。

 
主人は一枚刃の剃刀を、ベルトのような革で磨いた。

主は革の上で刃を前後させる。

シュッシュと、衣擦れのような音を男は聞いた。

 

古い椅子はよく手入れされていて、

革はつやを持ち、メッキは十分な輝きがある。

店内に装飾はなく、奥に関羽が祭ってある。

その小さな祭壇の下で、銀色の毛の猫が眠っている。

 

「上海」

男は小さくつぶやいた。

主は何も言わず、黙って泡を男の頬にのばし、

研ぎたての剃刀で、男の髭を剃り始めた。

男は目をつぶり、主人の剃刀が髭を剃ってゆく。

 

「狗不理」

そう言ったあと、男は寝息を立て始めた。

主は剃刀を動かすのを止め、男の顔を覗き込んだ。

深いため息をつきながら、主は二度首を横に振った。

一旦泡をきちんと拭き、男の喉元からタオルを外した。


主人は小さな通りに面した窓に近づき、外を見た。

結露が少し付いた窓からは、向かいの八百屋を見る。

八百屋の隣には閉めた時計屋があり、

シャッターが錆びている。人通りも多くない。


汽笛が三回聞こえた。

 

「万事如意」

 

主人は広東語で小さく呟いた。

窓からは見えない海に向かって敬礼し、

ついで鏡に写った自分を見つめた。

白衣の襟を直し、ネクタイノットを確認した。

髭は綺麗に剃り上げている。

眼鏡に曇りはなく、髪に乱れはない。


男は動かず、静かに息をしている。


主は、再び剃刀を研いだ。

 

主が剃刀を構えた時、男は目を覚ました。

 

「済んだか?」

 

男は自分で頬を撫でた。満足そうに頷き、主を見た。

「剃っても、どうせまた生えてくる」

「ですから、私どもの商売があるのでしょう」

「永遠に儲かる商売ってわけかい?」

「いえいえ、永遠などとは思いません」

「心配するな、その前に俺が消えてなくなる」

 

男は金を払い、釣りを受け取った。

ドアの前で深く息をし表に出て、

時計屋と八百屋の路地を抜けていった。

 

主は煙草に火をつけて、深く吸い込み、その路地を見た。

振り返って猫を見て、首を二回横に振った。

煙草を口に咥えたまま、シュッシュッと音を鳴らしてまた剃刀を研ぎ、

その刃先を覗き込んだ。

ぼんやりと浮かぶ自分の顔をしばらく見つめ、首を上げて路地を見た。

 

「一路平安」

 

主は一言いい、掃除を始めた。

猫はあくびをして、ゆっくりと体を伸ばした。

主は、洗面台の水滴を完全に拭き取った。

 

「そう、消えてなくなるさ」

猫は主の足元にやってきて、自分の首を主の足首にすりつけた。

 

(様々な人生に乾杯!そんな気分でいっそクリック!)

 

ベスト

ベスト