CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

ジャン・ポール・ゴルチェ

f:id:gemini-yahata:20170708231126j:plain

一度は立ち入るべき狂気の世界です。

別に、ゴルチエとは限りませんが。

 

そう、モードの世界と言う奴です。

ゴルチエが、本当にぶっ飛んでいてカッコ良かったのは、

20世紀の終わり頃までじゃないでしょうか。

 

 

ブリティッシュトラッドと、パリのモードの融合とでも言うべき、

ぶっ飛ぶカッコ良さを、当時は感じていました。

 

そのちょっと後、そこそこ仕事も廻るようになり、

ふとしたきっかけでハマってしまったんです。

ゴルチエに。

 

当時の服は、殆ど残っておらず、後輩にあげたのも多いですね。

シャツが数枚手元にありますが、滅多に着る事はなくなりました。

アバンギャルドなデザインで有名ですが、縫製が素晴らしいのも特徴です。

ボタンとか、凝りに凝っているわけです。

よく言われる事ですが、神は細部に宿る、ってやつです。

 

ゴルチエにはまった証拠をご覧にいれましょう。

それがこちら。

f:id:gemini-yahata:20170707145356j:plain

普通の折りたたみ傘ですね。

今も使っています。15年くらいでしょうか。

 

開くとこんな感じ。

f:id:gemini-yahata:20170707145410j:plain

シマシマ柄が、ちょっと派手ですが、だからなんだというのでしょう?

 

f:id:gemini-yahata:20170707145349j:plain

ちゃんと入ってますね、ゴルチエのネームが。

 

だから何?と思うでしょ?

 

これはある時期のノベルティーで、ポイントで貰えたもので、

多分非売品だと思います。

 

そして、そのポイントは、短期間に30万円分使わないといけなかったのです。

この傘を持っていると言う事は、まさにカモだった証です。

 

いやあ、狂ってますね。

人間が着飾る、もしくは、人間が自分のイメージを創るってのは、

すごくコストがかかるものだと思います。

お金だけではありませんよ、コストってのは。

時間も手間も含みます。

 

人からどう見られたいか、ということは、

自分がどうありたいか、を模索するということなのです。

他者の意見を気にするのではなく、

他者との関係にどうある自分でいたいのか。

 

そのためには、何度か狂気の世界に足を踏み入れないといけませんね。

そしてそこから、帰ってこないといけません。

 

こう言う話しは、小銭を持っていたからできると思うのは間違いです。

あろうとなかろうと、無関心でいることを正当化はできません。

 

人間は社会的な生き物です。

そこで、自分は自分だとか、

私らしくだとか、

甘ったれた事を言ってはいけないのです。

 

社会の中で、どう存在するか。

そのひとつが、どういう服を着るかということです。

 

今はもうゴルチエには興味はなくなりましたね。

散財と徒労と我慢を必須条件とする、「モード」の中で立ち続けることは、

私のなかでは、終わった事なのだと思います。

 

もちろん、「生涯戦い続ける紋次郎さん」のような人もいます。

chuff.hatenablog.com

 

 

それはそれで、尊敬に値いします。

痛みを知っているからこそ、尊敬もできると言うものです。

戦っている人に、敬意をもつこと。

 

それはゴルチエから教えてもらった気がします。

 

(カッコ良さってのは、常に代償と引き換え!そんなガッツに応援クリック!)

 

【ジャンポール ゴルチェ】ル・マル EDT 125mL(並行輸入品)

【ジャンポール ゴルチェ】ル・マル EDT 125mL(並行輸入品)

 
ジャンポール・ゴルチエ クラシック オードトワレ 50ml

ジャンポール・ゴルチエ クラシック オードトワレ 50ml