CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

オートバイへの道 免許取得体験記 その8

f:id:gemini-yahata:20170710130636j:plain

 

男、40歳を前にして、昼寝から覚めたらオートバイに乗りたくなった。

 

彼の名は「青陽舎」さん。

略して青さん。

 

さあ、ハードルは上がってきました。

身体を張ったスピードの世界への入り口です。

コーナーでオートバイを寝かせる時間が始まります。

ではぞうぞ!

 ===========

 

「車両特性を活かした走行」の教習です。

もう、字面が迫力というか、なんと言うか、

クルものがありませんか?

 

まずは教官殿が運転するバイクの後ろに乗って、

カーブを恐るべき速度で通過していくことから、

今回の教習は始まりました。

 

新しい次元に来ているのです。

一人黙々と楽しむ時間は終わったのです。

山の向こうは山。谷のむこうは谷。

人生とはそう言うものでございます。

 

ああいう運転のリアシートには乗りたくない。

ぐっと我慢しながら、心のなかで「ファック!」

などとなぜか南蛮の言葉で絶叫してしまいました。

 

まさに、狼狽。

 

教習内容とはいいながら、

車体の倒しながら速度を出すのは本当に怖い。

教官殿はプロフェッショナルですが、

 

私は無免許です!

 

バイクの特性など知る由もなく。

タイヤのグリップ力というんですか、あれ。

原付スクーターでは知るはずないじゃないですか。

 

何故コケないんだろう?????

理屈がわかったところで、

ああいう風にできるようになるとは思えませんが。

 

自動車の免許を取ったときに、

当時の私は「高速に乗ることはきっと無いだろう」と思っていましたからね。

今となっては高速も気軽な道ですよ、料金以外は。

きっと今回もそうなる。

 

 

なるはずです。

 

経験は力、知識は力!

 

だから今は邪念を払い、ただ必死に急制動に挑もう。

 

それにしても、嫌いですねぇ、急制動って。

まず、40キロ出せない。

たかが40キロ。これがなぜか出せない。


アクセルが足りていないことが、教官殿にすぐにバレるわけです。

どうやら40キロを越えると光るらしいですね、

車体にごちゃごちゃついてるランプ のどれかが。

 

最後の方には根性でなんとかしましたが、

直線に向かうカーブの出口から加速を始めてください、

というのはなかなか勇気がいります。

 

軽いパニックですね。

 

 ================

あれね、怖いんですよ。

最初はね。

まあ、一つの壁ですね。

 

壁を越えて、男になるわけです。

でも、超えてもまた壁、もしくは荒野なわけですけどね。

 

ふと思うんですが、

ここで「女になる」というと、

ニュアンス変わりますね。

 

「壁を越えて、女になる」

 

いいですか、これはメタファーですよ。

隠喩です。いちいち、それは差別だ!とか言い出さないようにして下さいよ。

まあ、言ってもらってもかまいませんけれども。。。

 

(男女の違いって、いったいなんだ!迷ったあなた、そこでクリック!)

 

クルージング [DVD]

クルージング [DVD]