CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

マン島での道 その2 フィッシュ&チップス

f:id:gemini-yahata:20170708181023j:plain

みんさん、ついにね、ついにね、

あの伝説のコースが見えてまいりました!

 

いやあ、長かった。。

本当に長かった。。

 

行ったら、あの不味さを味わって来い!

と教えていた、例のものにチャレンジです。

 ============

 

その先にメインスタンドが見えてきた。

ああ、ここを、300キロ以上の速度で、

駆け抜けるイカレタイカしたライダーがいるのだ!

 もう、胸が熱くなってくる。

 

f:id:gemini-yahata:20170710110043j:plain

この日のレースが終わっているにもかかわらず、

会場内に多くの人がいる。

もう、盛り上がってる事が遠目でも分かる。

 

鈴鹿も熱い。

しかし、日本国内のレースとは、

全く違うこの雰囲気はなんなのだ?

 

レースのスタート地点となる場所から、

すぐの交差点を曲がり少し行ったところにオレの泊まる家がある。

 

マン島での宿泊はホームステイだ。

 

とは言え、そこの家族と一緒に過ごすわけではない。

家一軒を丸ごと借りる形で、

オレと同じくレース観戦に来た日本人8人で生活する。

 

家に着くと家主の女性が出迎えてくれた。

 

場所は閑静な住宅街でメインの会場からも近い。

実にイイ環境である。

 

さっそく割り当てられた部屋へ行き荷物をほどく。

必要なものを持ってオレは会場へ行ってみることにした。

 

時間は19時を回っていたがまだ明るい。

 

会場に着くとこの時間からでも、

やってくるバイクがいる。

 

もしかして昼夜通しでのお祭りみたいな感じなのだろうか。

 

入り口を入るとそこからずらっと、

TTレース関連のグッズを売っている店が軒を連ねる。

その先に広場があり、飲食店が並んでいた。

 

f:id:gemini-yahata:20170710110112j:plain

まずは晩飯だ。

 

マン島での最初の食事である。

ならばここはイギリス名物の

 

フィッシュ&チップスだろう。

 

ちなみのオレはこいつを食べた事がないのはもちろんの事、見た事すらない。

噂の不味さを、きっちり堪能しようじゃないか!

 

ちょうど目の前の店にはFISH&CHIPSと書かれた看板。

 

フィッシュ&チップスとコーラをオーダーすると、

金髪のカワイイおねえさんが10分

待ってくださいと。

 

むっ!

?ファストフードにしてはずいぶんと待たせるな。

だが・・・・

 

待とうじゃないか。

 

そして

時間通りの10分後に出てきたフィッシュ&チップス。

 

オレはそれをしばらく眺めていた。

いくらなんでもこれはあまりにも。。。。

 

そのまんま過ぎねぇか!?

なんとなく、嫌な予感がした。

 

=============

 

そうだねえ、あれはねえ。。。

魚と芋のフライ。でもねえ、もうちょっとなんかねえ。。。

 

ご存知の方々もいらっしゃるでしょう。

実は美味しい店もあるんです。

日本の消費税率より、低い確率なんですけれども!

 

(その確率よりも遥かに低い確率、それでもあなたのクリック信じてます!)

 

チップス先生さようなら(1969) [DVD]

チップス先生さようなら(1969) [DVD]

 
ランブルフィッシュ [DVD]

ランブルフィッシュ [DVD]