CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

神戸元町物語 襟を正す場所 ロッグキャビン

 f:id:gemini-yahata:20170707160222j:plain

この、ビルの谷間にある洋食屋。

ここには、一流の世界がある。

 

わたしの母が若い頃からあったというから、

もう何年やっていらっしゃるのだろう。

 

 

そう、ここで書いていても敬語になる。

それくらい、ここは一流だ。

 

ドアを開けて入った時から、その清潔さに圧倒される。

あの空間を何と言えばいいのだろうか。

 

近い空気は、奈良ホテルのダイニングルームだろうか。

 

それを老夫婦お二人でやってらっしゃるのだ。

 

壁には田村孝之介本人から贈られた絵皿がかかり、

それ以外の無駄な装飾はなく、

マダムは、老齢の今でもとてもチャーミングだ。

 

きちんと襟を正して、行儀よく食事をしている限り、

このお店が与えてくれる恩恵に、感動しながら満ち足りた時間を送ることができる。

 

マダムに気に入られれば、「コーチ」を出してもらえる。

「コーチ」とは、このお店では紅茶の略語なのである。

デミタスカップに入ったそれは、とびきり甘い。

 

けっして、騒がしく食事をする場所ではない。

そもそも、食事中に騒いでいる方がオカシイのだ。

 

物静かに、会話は穏やかに。

マダムにちゃんと挨拶をして、

にこやかに世間話をして。

 

ママさんではない。

女将でもない。

マダムがやはりふさわしい。

 

常識的でないやつは、行かなくていい。

普通に食事して、普通に礼儀正しく、普通に背筋が伸びる。

考えてみれば、あたり前のことなのだ。

しかし、そんな店がいくつ残っているだろう。

 

料金は、ごく標準的だ。

この神戸の良心のようなお店も、

ご夫婦のお年を考えると、

あと何年頑張っていただけるのだろう。

残り時間はあまりないと思う。

 

大の大人が、ドアを開ける前に姿勢を正す、その気持ちよさ。

お金じゃ買えない。

お金で買おうと思ってる人は、行かなくていい。

 

営業時間は短いですよ。

11時〜14時 17時〜18時半 水曜定休

 

(わたしは、いつもビフカツです!騙されたと思って、そっとクリック!)

 

パール金属 日本製 角型 グリルパン ウェーブ 25×17cm IH対応 鉄製 ラクッキング HB-995
 

 

 

一流マネジャーの仕事の哲学 突き抜ける結果を出すための53の具体策

一流マネジャーの仕事の哲学 突き抜ける結果を出すための53の具体策