CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

グレンフィディックの思い出

 

f:id:gemini-yahata:20170629023444j:plain

俺はウィスキーを滅多に呑まない。

モルトもあまり好きではないが、

グレンフィディックだけは別だ。

このウィスキーを知ったのは、

スペンサーという男が主人公の小説の中だ。

 

 

春先、久しぶりに呑みに出かけた。

神戸オークラのバーだ。

俺に世間の裏と言うものを、

最初にいやと言うほど教えてくれた、年長の男と呑むためだ。
 

グレーのパンツに、

淡いパープルのギンガムチェックのシャツを着て、

紺色のニットタイをしめ、ブレザーを着た。

足下は磨いて光らせた、ストレートチップを履いた。

手には淡いグリーンの薄手のコートを持って。

 

今でもその男と会う時は緊張する。

服装にも気を使う。

身なりにうるさい男だと、経験から知っている。

まだケツの青いガキだった俺に、

様々な事を教えてくれたその男は、

当時堅気ではなかった。今もきっと似たようなものだろう。

最近のことは知らない。

でも、酒で乱れる事は絶対許されない。

 

最初の一杯を、グレンフィディックのロックでゆっくりと飲み、

タンカレー10のジントニックに切り替えた。

相手の男はハーパーの水割りを、とても早いピッチで呑んでいる。

 

そのペースに合わせて俺も杯を空け続ける。

思い出話しに時間を費やした。

しばらくして気づいたことがあった。

 

その男は煙草を止めていた。

 

そして昔はあり得なかった事だが、

その夜は五分の付き合いだった。

その男が説教もせず、

おだやかに話しをしてくれていたのだ。

 


ラストオーダーまで呑んだ。

俺が勘定を払おうとするのを、

男は昔と変わらぬ厳しい視線で止めさせた。

分厚い札入れから数枚を抜いてテーブルに置いた。

そしてホテルにそのまま泊まる男は、

ロビーまで俺を送ってくれた。

 

別れ際そっと俺のポケットに万札をねじ込んだ。

 

「タクシー代だ。楽しかったよ,ありがとうよ」

 


昔と違い、今の俺はオークラのバーだろうが、

タクシーだろうが払う金はある。

それは男も分かっている。

しかし、昔と同じように若造扱いをしてくれる、

その男の気持ちが嬉しかった。

礼を言ってそのまま受け取った。

 

さして遠くもない帰り道をタクシーに乗って、

支払いをその札でした。

ツリは断った。

「いいんですか?」と訊く運転手に,

 

「いいんだよ、ちょっといいことがあってね」

 

道に出てみたら、足下がぐらついた。

酔いが急にまわってきたのだ。

その足のぐらつきも、不思議と楽しいものだった。

 

きっと最初のグレンフィディックが、

遠回りして巡ってきたのだろう。

そう考えながら、ベッドに倒れ込んだ。

世界が回って、意識がなくなった。

 


たまにはウィスキーも悪くはない。

 

その条件を揃えるのは、難しいけれど、

たまには、揃う事もある。

そんな夜だった。

 

(今回のアマゾン広告のネタは、ちょっと難しい!分かったら即クリック!)

のぼり旗 牛タンカレー 宮城名物 SNB-3895 (受注生産)

のぼり旗 牛タンカレー 宮城名物 SNB-3895 (受注生産)

 

 

J.S.バッハ:ゴールドベルク変奏曲(81年デジタル録音)

J.S.バッハ:ゴールドベルク変奏曲(81年デジタル録音)