CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

道を聞くなら、ちゃんと人を見ろ! アメリカのお話

f:id:gemini-yahata:20170627174702p:plain

よく道を尋ねられる。

ある種の特技と言えなくもない。

 

ここまで書いて来客。

  

「アフリカの貧しい子供たちに御寄付を」と。

いきなり血まみれの子供の写真

 

お前はバカか?

常識に乗っ取って無礼にドアを閉める。

本筋に戻る。


日本でもそうなのだが、外国の地でもよくある。

アジアでも、ヨーロッパでも、アメリカでも。

他の土地には行ったことがないので何とも言えないんだけど、

まあ、多分同じ事あると思うんですよ。

 

一番ぶったまげたのは、ロス・アンゼルス郊外のガソリンスタンド。

 

俺はミシータちゃんという友だちと一緒だった。

彼女が中で何かを買い物しているときのこと。

身長190,体重100キロオーバーな黒人が近づいてきた。

オークレーのサングラス、

入れ墨だらけの丸太のような腕、

ラップガンガンの車から出て、

俺を睨みつけて下りてくる。

 

そしてきわめつけは片手にバット。

 


野球一緒にどう?じゃあねえよなあ

と脳内で思う。

風で翻ったダブダブのシャツから見えるのは、

しっかりと弾のこもってそうな、どう見てもいわゆる

 

9mmオートマティック! 


ガスを入れてる俺に

Excuse me Mr. !Let me know the famous gangster around here!


丁寧な口調。それは褒めてやる。

でもな、なんで俺が地回りのギャング知ってると思うんだ?

 

って、お前これから何しに行くンだ?

って、お前どこに行くつもりだったの?

 

俺が

Sorry , I am a stranger here」

と答えると、

You too? Yeah, me too! HAHAHAHA!!!!

 

だから何なんだよ!


そして彼は

Thank you!

Thank you , Mr ! Have a nice day !

と去っていった。

 

 

それぞれ、人には事情があるのだ。

彼にはきっと、彼なりの事情があるのだ。

なんだか、友達になれそうな気がしたけど、

単にハッパかなんかで、ハイになってただけなんだろうな。

 

できれば彼と野球をしたかったが、

手にバットをもつには、彼にはちがう理由があるのだろう。

 

その理由は、できれば知りたくないし、

もちろん、望んでも知る事はできない。

 

事情と言うものが、街の通りごとにあったり、

ブロックごとにあったりするんだろう。

 

ここはアメリカだ。

 

(そっと、あちこちクリックいただけたら、光栄です)

 

ランブルフィッシュ [DVD]

ランブルフィッシュ [DVD]