CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

オートバイへの道 免許取得体験記 その4

f:id:gemini-yahata:20170620164410j:plain

最近みんさんね、なんでも

「ようするにこういうことだろ?」とか仰る。

アレは良くないですね。なんでもわかったつもりになってはいけません。

本質を語ると、話しは長くなるものです。

 

なにしろ、ふかーいおはなしなのですから。

青さんの免許挑戦だって、「理由が昼寝から覚めたらそうなった」

ってんですから、「つまり〜だろ?」とか言えませんよね。

 

なに言ってんすか?って。

今回の原稿いただいて思いました。これも大河化の方向でと。。

ほんっと、これから免許取る人は読んでおいた方がいいですよ。

ではいってみましょう!

 ==============

初めて尽くしの二時間連続教習が幕を開けました。


今回の教習は

スラローム 

・8の字走行 

・クランク 

・S字コース

坂道発進

一本橋

 

と、箇条書きするだけでパニックです。

  

ここで、これまでの教習からおさらいです。

① 加速すると起き上がる

② 減速すると倒れる

しかし

③  知っている事と、できる事の差は、槍ヶ岳くらいは険しいんですよ。

④ だから、どうしても怖いんですよ、バイクを倒すの。

 そう言う自分であると、認識して挑みます。

 

1時間目

最初は教官の後ろに乗ってコースを一周。

「いきますよー、アクセルー、倒すー、アクセルー…わかりましたかー?」

 

わかりますよ。。

でも

「できますか?」とは確認されない。

ということは、

 

どうあってもやらせるつもりの教官殿です。

まあ、できないのをやらせるお仕事だとは理解してますよ。オトナとして。

 

まずスラローム

400ccの重さは、腕力では太刀打ちできない事再認識。

最初、とりあえずやってみましたが、アクセルを使えたのは最初の二回。

あとはヌルりとごまかして。

 

次の関門は8の字。

不思議とふらつくこともなく通過。

キビキビとは走れませんでしたが、 特に注意もされなかったし。

 

次はクランク。

これもまぁまぁでした。

「外から外へ、外から外へと」、教官殿のご指導に従います

念仏のように唱えながら実施したら、なんとかなりました。

クランクからでて直線へ合流するところにちょっと難ありです。

一時停止「ではない」合流なので、ふらふらっとなります。

この時、あっさり忘れていた、

コケル恐怖が0.1秒くらいスコールで降ってきます

 

次がS字。

ここも難関です。二時間を通じての問題なんですが、

私はアクセルが足りないので加速が弱い。

だからふらつく、だから慌てる、だからエンストこく。

再び恐怖のスコール!

 

一本橋は、落ちなければタイムは十分でした。

10秒前後のタイムですから、初回にしては上出来です。

加速が弱いだけなのは問題です。

フットブレーキに意識が行っていれば通過でき、

慌てて前輪ブレーキに手がかかると落ちる。

でも、

恐怖は小雨レベル

どってこたない。

ちょっと、麻痺してきたのかもしれません。

 

このあたりで、一時間目は終わりました。。。

 

==============

 

あの恐怖の感覚は、不思議なものです。

転ぶだけなんですよ。正確には。

 

あれはねえ、きっと、自分の中にある、

得体の知れない何かが傷つく怖さなんじゃないかと思います。

 

まあ、逆に考えると、人間のプライドってそれくらいの話しなのかもしれません。

ときにはそれで、大事件もおきるわけですから、侮れませんよね。

 

それを制御するのに、オートバイはいいものかもしれないなあ、

と、思ったりしていました。

 

これも、青さんの「オトナの旅」の、一つの形かもしれませんね。

 

           (つづく)

 

SENQI CNC固定ギア自転車クランクセット48T 170mm

SENQI CNC固定ギア自転車クランクセット48T 170mm

 
ニッサチェイン ステンレスSフック スリム90mm(4個入り) A431

ニッサチェイン ステンレスSフック スリム90mm(4個入り) A431