CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

雨を見たかい? その1 嵐の前に

f:id:gemini-yahata:20170627231104j:plain

これ有名な曲です。

クリーデンス・クリアーウォーター・リバイバル(以下CCR

というバンドの不朽の名作ですね。


曲の名を知らない人でも、

一度くらいは耳にした事があるのではないでしょうか。

 


以下、世間に流通している、

一応信憑性のある歌詞を、私8マンが勝手にに訳してみました。

 

Someone told me long ago there's a calm before the storm,
I know; it's been comin' for some time.
When it's over, so they say, it'll rain a sunny day,
I know; shinin' down like water.

I want to know, have you ever seen the rain?
I want to know, have you ever seen the rain
Comin' down on a sunny day?

Yesterday, and days before, sun is cold and rain is hard,
I know; been that way for all my time.
Till forever, on it goes through the circle, fast and slow,
I know; it can't stop, I wonder.

 

嵐の前の静けさってやつを、昔誰かが言ってた。

きっと、いつかそいつがやってくるんだろう。

その後で、晴れた日にこそ降るもんだって、みんな言うのさ。

雨が降るみたいに、眩しい光が降り注ぐんだ。

だから、俺は知りたいんだ。君は雨を見たかい? 

晴れた日に降る雨を、君は見たことがあるのかい?

一昨日からずっと、太陽は冷たく、雨は激しい。

俺の毎日が、実はそんな感じさ。

ずっと、遅かれ早かれの堂々巡りなんだよ。

まあ、仕方ない事なんだろうけどさ。

 

この歌詞、いろいろな説がありましてね。単に「お天気の歌」説、ベトナム戦争での

「ナパーム弾の歌」説、バンドが嫌になった「やけくそ歌」説、等々。

第一、歌詞自体も定説がないんですよ。

I want to know~ も、I won't know~, かもしれないと。

 

(まあ、メンバーたちはずっとラリってたんでしょうね)

 

となると、「君が雨にあおうと、知ったこっちゃない」となります。

いやあ、実に深い話です。

名曲、名作、は受け手側が自由に感じられるものであるわけです。

 

ということで、歌詞の背景をご理解いただいた上で、

CCR、永遠の名曲に乗せて文章を続けたいと思います。

 

www.youtube.com

 

それを知りたかろうがなかろうが、

やはり雨は晴れた日にこそ降るものでございます。

そして、濡れるものでございます。

 

あれは何年前になるでしょうか。

私が本当に自分自身を信じられなくなったお話でございます。


人間不思議なものです。

そうなると、外を歩く事、車に乗る事、最後には眠る事さえ怖くなってまいります。

なにせ、それを行っている自分に対して、強烈な不信感を持つわけですから。

 

当時、私は、まあそこそこ順調だったわけです。

日々の生活もそれなりに落ち着き、

仕事も私生活もまあまあ平穏でございました。

 

しかし、なんですな、昔の人は「好事魔多し」

と上手い事言っておりますな。

私、全く無防備でございました。

 

仕事の合間に、珈琲を飲もうと、豆をミルで挽いておりました。

私、珈琲には多少煩く、

豆は萩原コーヒーのマンデリンと決めております。

ネルよりペーパードリップ派でございます。

 

挽き終わった豆をフィルターに移そうと、

立ち上がった瞬間でございました。


何かが私の中で起こったのであります。


しかし、何が起こったのか分かりません。

されど、全く知らない感覚でもございません。

遠い記憶の中にある、ある風景の閃光と申しましょうか、

そういう類いの感覚でございましたな。

 


春の遠足の前の夜、

夏休みの川泳ぎ、

秋のススキが触れ合う音、

冬の霜焼けを揉む感触、

 

というような遠い記憶の中にあるのは確実ですが、

既に朧げになり風化しかけている。

 

そういう感覚でございました。

 

        (つづく)

 

CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL:CHRONICLE THE 20 GREATESTHITS

CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL:CHRONICLE THE 20 GREATESTHITS

 
KURE(呉工業) 5-56 (320ml) 多用途・多機能防錆・潤滑剤 [ 品番 ] 1004

KURE(呉工業) 5-56 (320ml) 多用途・多機能防錆・潤滑剤 [ 品番 ] 1004

 

 

広告を非表示にする