CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

オートバイへの道 免許取得体験記 その3

f:id:gemini-yahata:20170620164410j:plain

男、40歳を前にして、

昼寝から覚めたら、突然オートバイの免許が欲しくなった。

彼の名は「青陽舎さん」。

そんな日から、彼の人生に、

試練と課題が突き刺さり始めました。

その1 その2 )

その第3回目。

 

It's not too late!  Really?

 ==================

発進して止まるだけでも怪しい私が、

次は右折左折です。

 

そもそも、多少は慣れたものの、

私はギアチェンジが怪しい。

 

今回の教習は、加速・減速、右左折。

 

ギューンと加速する、というのがまず怖い。

なんといっても音が怖い。

 

10キロで右左折、

直線で40キロまで引っ張って3速、

すぐに減速して2速。

 

書いていると、全く屁みたいに思いますが、

他とは違う、いい知れぬ恐怖。

 

どうしても40キロが出ない。

でも、「出せ」と仰る教官殿。

 

頑張って40キロ出しました、

出ました、

3速にギアチェンジも出来ました。

 

やればできるんですよ、やれればね。。

この辺は、若い人に嫌われようと、

絶対的に根性の話であります!


なんとなく慣れてきて、

ちょっと調子に乗ってしまうと、

出るんですな、悪癖が。

二十年乗っている原付の悪癖が出てくるわけです。

スクーターの癖で、思わず両足をつきたくなる。

これは我慢できるようになってきた。

 

問題はクラッチをうっかり放しちゃうヤツであります。
止まるものね、エンジン。

 

もう、こりゃ、コケル覚悟ですよ。

 

右足は絶対に降ろさない、

止まっている間は左手を放さない。

股を締める、つま先を閉じる。

スクーターの乗り癖がいちいち邪魔をしてきます。


どうやら私は、実に偉そうな姿勢でこれまで原付乗ってたんですな。

肘は伸びてふんぞり返った姿勢な訳です。

それが楽なんですけどね、

これを改めないといけない。

教官殿が「緊張して肘が云々」と。

ごもっともなんですが、これができない。

 

こいつは不味い。

そこで、普段スクーターに乗るときの姿勢から矯正を始めました。

 

こういうまじめさが大事なんですよ、みなさん。

 

右足は降ろさないよう。

坂道発進並みに左手は握むよう。

でも、肘は伸びてる。

足を前に踏ん張って乗っているようなんですわ。

だから、ハンドルが遠いんですよ、少し。

よって、肘がのびる。

 

人体の不思議ですなあ。

まったく、意識してないのに、そうなってしまう。

難しいものです、人間は。

 

 

おかしな形ですが、もう意識的にやるしか無いですね。

「おしっこ我慢」の姿勢です。

みなさんも、オートバイの免許を取得されるなら、

これはおすすめです!

 

次は同じ日に二時間の予約を入れました。

一時間でもヘロヘロなんですが、

急がないと感覚を忘れてしまう。

 

まるで感覚をつかめているような言いぶりですが、

どんどん詰めて、どんどん自分を追い込めば、

活路は見いだせるはず!作戦です。

 

ザ・精神論です!

 

その辺のチキンな小僧とは、肝の据わり方が違いますね。

オトナだし。

 

だけど涙が出ちゃう。

 

さて、この生まれたてのバンビのような私に、

次なる課題が。。

それは「バランス」

 

なんでしょうねえ、それは。

なにをやらされるんでしょう。。

 

 ==================

 

なるほど、おしっこ我慢。

足を内股にして、肘を曲げて、上半身をかがめて。

なるほど!

確かに天才ヴァレンティーノ・ロッシ

f:id:gemini-yahata:20170626204732j:plain

言われみれば「おしっこ我慢」姿勢であります。

小学生で、この姿勢でトイレに急ぐ子どもはいそうです。

 

さて、「バランス」とは、何をするのでありましょうか。。

(そっとあちこちクリックしてみていただくと、本気で嬉しいです)