CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

ビートルズ解散の真相発見さる!(個人的にね)

f:id:gemini-yahata:20170623174855j:plain

最近、とある方より、オーディオのフルセットを頂きました。

頂いたというか、押し付けられたというか。


マニアの方に

「やっぱり良いですよねえ」と言ってしまったわけです。

 

あっという間に、セット組まれてしまいまして。

次にお会いしたら、さらにパワフルなのに進化してまして。

事情を聞くと、マニアのお友達のマニアの方々

「この険しき道に入ろうとする果敢な新人」(私)

に下賜してくださったとのこと。。



いやいや、そういうのはちょっと。。
とは言え無いのが浮世の義理。

オトナノセカイ。

マッタクモッテアリガタイオハナシデス。

 



アンプもプレーヤーも、手作りチューンてんこ盛りなので、異常にパワフル。

ボリュームは20%も開けられない。

 
そうねえ、軽四にV8アメ車のエンジンを積んだ感じかしら。

 


ところが、

まあこれがいい感じ。

 

素直に、ありがたいお話化しました。


改めて音楽と向かい合うといいましょうか。

そこでビートルズのLet it beを再聴したんですが、

ちょっとビートルズへの理解が変わりましたね。
まあ、名盤ですし、名曲揃いなわけです。

でも、よく聞いていると後ろでいろんな音が鳴ってるんですわ。

つまり、作りこんである。

その時思いましたね、こいつらは凄まじく見事な商売人であるなあ、と。

オノ・ヨーコが出てきて、ジョンとポールに亀裂が入ったんじゃありませんね、あれ。

f:id:gemini-yahata:20170623174652j:plain


(以下真相邪推)


ポール「最近、俺達も行き詰まってんじゃん?」
ジョン「潮目が変わってきてるよね」
リンゴ「んだんだ」
ジョージ「せやなー」

てな具合から
ポール「ヨーコちゃんにヒールになってもらってさ、解散しそうってどう?」
ジョン「おお、それええやん。そんで、ポールが俺をじっと見てるPV作って」

f:id:gemini-yahata:20170623174737j:plain


ポール「そうそう、んであたかも一発撮りみたいな感じで、ジャムって」
ジョン「んで、後は気楽に伝説となって、好きなことして過ごす?」
ポール「ヨーコちゃん怒らない?」
ジョン「ぜんぜん大丈夫!あの子、日本の強烈な商売人の血筋だし」
ポール「ほな、俺、ゲット・バックとか書くわ」
ジョン「これは売れるな、ウシシシシ」

こんなノリだったんじゃないかと、見えてきましたね(確信)。


若い時には気づかなかったのか、年を取って邪推するようになったのでありましょうか。。

いや、これは狙って作ったものなのは、間違いないですね。

その後で、マーク・ボランを聞くと、すっごい真面目に作ったんだなあ、とこれまた夭折の天才の人生に悲しく

なります。

いやいや、凄いものですね。

音楽と向かい合う。これ忘れていたかもしれませんね。

データだけでは見えない世界もあるんですよ。

 

(若者よ、レコードいいぞ!)

 

できれば、あちこちクリックしていただけると助かります。。

 

 

ザ・スライダー

ザ・スライダー