CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

いまさら「冒険」を考察する その1

f:id:gemini-yahata:20170623135135j:plain

「冒険」、まあ誰でも知っている言葉ですね。


改めてこの字を観察してみると、なかなか面白いものです。

「冒」は「おかす」と言う意味であるし、

「険」は「けわしさ」であろうし、

 

となると「けわしいものをおかす」という意味になりますね。 

 

成る程、

「冒険」とは「険しいことに立ち入って行く」ことを注すようであります。

となれば

「冒険者」はそういうことを、あえてやる人でなければならないですね。

 

ここで大切なのは、「あえて」ということのようでありますね。

つまり、「たまたまね」とか「知らなかったんだよ」は、

「冒険」としては論外となるりますし、

もちろん「冒険者」のとるべき行動でもありません。

 

そこで考えてみたのです。

私は今まで「冒険」をなす「冒険者」であった時があるだろうか、と。

 

どうもないような気がするんですよ、これ。

私は他人が聞けばひっくり返る程笑う話しや、

罵倒される程の酷い事や、

破廉恥きわまりない事をしてきたとは思います。

 

しかし、それは己の無知による、

単なる「逸脱」ではなかったであろうかと再考したのであります。

 

きっかけは数日前のことで。

旧友と仕事の話しを電話でしていて、私なりの目論見と言うか、意見を言ったわけです。まあ、職業人なら、みなすることです。

ところが、友人が

 

「いやあ、8マンちゃんも大人になったよね。時間って凄いね」

と本気で感心されたのであります。

その時私の胸に去来したのは、なんと言うか複雑な感情であったのですよ。

 

「あっ、俺、大人になっちゃった」

 

何と言う事であろうか!これではいかんではないか!厄年を遥かに超えた私が、

今更大人になってどうするんだ!

既に手遅れなのであるから、潔く「ガキ」として天寿を全うする予定ではなかったのか、8マンよ!


ならば、今こそ「冒険」の時なのでありましょう。

そう、「冒険」は少年を「大人」にするのではなく、

「男」にするための行為です。

この辺りの言葉の概念は難しいのですが。

 

非常に主観的に考えてみると「大人だね」と言われると腹が立つ。

「ガキだね」と言われるともっと腹が立つ。

「男だね」と言われると、

 

コッパズカシイが奇妙に嬉しい。

 

 ああ、鼻毛も陰毛も白いのがある年齢の私が、

一体何を考えているのでありましょうか。

   (つづく)

 

 (そっと、あちこちクリックいただけたら、光栄です。。。)

 

 

ジャガーノート [DVD]

ジャガーノート [DVD]