CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

羊羹で行こう!

f:id:gemini-yahata:20170622161256j:plain

いつものように歩いて路地を抜けたら、

ふと甘いものを食べたくなった。

 

信号の手前に和菓子屋があったので、

つい羊羹を買ってしまった。

しかも3本、小豆と抹茶と栗だ。

 


猛烈に甘いモノを食べたくなっていた。

渋い茶など要らない、

ここでむさぼり食いたいのだ。

それに羊羹を3本も持って歩く野郎はアホだ。

 

砂糖と澱粉が固まったこいつらは、予想以上に重い。

羊羹の重さは、不思議と手に食い込む重さだ。

それならいっそ腹に入れたほうがましだ。

 

腹に入れると胃にはもたれるが、手には食い込まない。

 

なぜだ?

そうなのか?

胃には食い込まないのか?

誰が言った?

 

小豆と抹茶と栗をいっきに食えば、

胃の中でそれらがぐちゃぐちゃに溶けて、

ついでに血糖値が跳ね上がり、

俺は安らぎと興奮で走りだすのか?

 

うっすら汗ばみ、

血色をよくして、

爽やかに挨拶でもするのか?

 

3本も食えば、そんなこともやりそうな気がしてきた。

そうすりゃ少しは世界も明るくなるし、

笑顔で友達だってきっとできる!

そうだ、食えばいいんだ!


俺はいい気分で、今にも走り出しそうになった。

そうだ、走れ、走るんだ。

今を逃せば走れなくなるぞ。

最後に走ったのはいつだ?

 

思い出せない。遠い日だ。

 

だが今ここにやってきた、もう一度走るんだ。

地面を蹴り、一歩を遠くに振り出せ。

 

重心を前に、腕を大きく振れ!

 

止まっていた空気を置き去りにして、目の前の空気を切り裂け。

そうすれば心臓が高鳴る。

 

そうあの感覚だ!

夏の日に、その年初めての水に飛び込む、あの瞬間だ!

頭に血が上り、手が奇妙に冷えているのに、体の奥がやたらと熱い。

 

すげえ、これが羊羹か。

羊羹って、俺を走らせるのか。

 

渋滞の車を踏み越えて、手すりを軽く一跨ぎ、

電車なんか待つことなく、俺が行きたい所まで一直線。

他人にぶつかる前にクイックステップ

常に僅差ですり抜ける。

スマホに夢中な奴らには、俺が振り切った風さえ見えぬ。

 


なんてことだ!これが羊羹か。

 


路地を抜けるぞ、ビルの壁だって駆け上がる、

今や世界は俺の手の中だ。

 

手の中だ!

 

世界は手の中だとしたら、俺は何をする?

何をしたいのだ?

そうだな、サンドイッチがいい。

ハムとキュウリとマヨネーズ。少しだけマスタード

いいかい、食ってみな。美味いぜ。まずは食ってからだ。


そう、食ってからだ。

 

話はそれからだ。

世界を手に入れるのも、風をつかむのも。

まずは食ってからだ。

 

羊羹をゴミ箱に放り込み、

俺は食うための仕事に向かう。

やっとわかった。

 

食わなきゃならない。


走りだすには、もう少し稼ぐ必要があるようだ。

羊羹はまた買えばいい。

もう少し、やらなきゃいけないことがある。

問題は、それが何かはわからないことだ。

いつだって、それは難しい。


とりあえずそれは後回しでいいだろう。

 

 

(若者よ!羊羹食べなさい!)

 

さつまいもの芋ようかん(芋羊羹)5本入

さつまいもの芋ようかん(芋羊羹)5本入