CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

オートバイへの道 免許取得体験記 その1

f:id:gemini-yahata:20170620164410j:plain

彼とは長いお付き合いです。

いい人ですよ。面白いし。

 

でもね、会ったこと無いんですよ。

そういうことが、けっこうあるネットの時代。

 

仮に彼の名を「青陽舎さん」と呼んでおきます。

検索かけちゃダメですよ!

 

その、青陽舎さんが、突然オートバイに乗る気になったのです。

これはその、体験記です。

 

わたしは、かれこれ30年以上オートバイに乗っていますから、

すっかり忘れた感覚でした。

 

いいものです、初めてのことは。

 

では、いってみましょう!

 

 

=================

 

少し前の話。

いつも通り、アンニュイな昼下がりにまどろんでいた秋の日のこと。

ふと、オートバイの免許が欲しくなりまして。

 

人生とはそんなもののようです。

動機など要らないわけです。

 

私もいい年なんですけどね、

思い立ったが吉日といいますし。

その日のうちに近所の自動車学校へ行き、

若い連中に混じって入校式に参加しました。

 

適性試験などを終えて、

初回講習を受ける頃にはすっかり夜。

 

裏が山になっている自動車学校なので、

照明に誘われて虫が山ほど飛んでいました。

駐輪場に並んでいる、CB400SFにまたがり、

エンジンを掛け、シフトチェンジをしてみる。

たった、ここまでです。

 

はじめての普通自動二輪

その感想なんですが…

あんまり普通のことはいいたくないんですけどね。

 

デカくて重い

 

想像の三倍です。

重量は180キロぐらいだそうなので、

中型としてはおそらく軽い方だと思うのです。

しかし、重い!



原付きとは別物ね、ぜんぜん違うもの。

 

股の下から感じる威圧感に戸惑いつつ、

教官の指示通り鍵を回し、

スターターを押すと400ccのエンジンがうなりだします。

ちょっと感動です。

 

これが、昼寝からここまで、まだたった半日。

圧倒的なスピード感に、目眩がしそうです。

 


左手でクラッチを握って、

上げたり下げたりを、ガチャガチャと小一時間やって、

はじめての普通自動二輪経験を終えました。

しかし、大きい。

 

センタースタンドの上でさえギクシャクしているのに、

こんなものを扱いながら走れるのでしょうか。。

 

無論、できるようになるはずです。

そのための学校ですから。

頭ではわかっていますがね、実際は別です。

出来るようになるとしても、それはいつの日だろうか。

 

不安が心に暗い影をおとします。

 

こういう気分になったら、

解決は理屈じゃない

 


一心不乱に。懸命に。

たどり着くのは、

そう!精神論です。

 

なんとなく、ただなんとなく、

購入するだろうバイクはたぶん400ccだろうとの思いは、

瞬く間にセピア色になりました。
公道であんなものを走らせるのは

 

無理です!

 

 

===================

 

うんうん、わたしも免許を取った16歳の日を思い出しました。

でも彼は、既に30代後半のはず。

 

うーっむ、わたしなら吐くでしょうねえ。。

あの緊張感は、ちょっとくるものがありますね。

 

(もちろんつづきます)

                

 できれば、あちこちクリックしていただけると助かります。。 

STRONG―初めてのこと、初めてのかたち (住まいの大系)

STRONG―初めてのこと、初めてのかたち (住まいの大系)

 
初体験(字幕版)

初体験(字幕版)