CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

マダム・アパルトメント その1 フランスのお話

f:id:gemini-yahata:20170616191643j:plain

この話は、パリに留学していた日本人女性から聞いた話し。

 

彼女は、確か中世の美術史かなんかを学びに行ってました。

知り合いの恋人で、数回お話ししただけなのですが、

とても印象に残るエピソードがありました。

 

 

パリ市内で、彼女はわりと便利なところに住んでいたそうです。

いわゆる旧市街は、家賃がとても高く、

彼女は路地裏の、エレベーターもない6階に住んでいたそうです。

 

小さな屋根裏部屋のようなところで、狭い部屋だったそうです。

洗濯ものを干す場所もなく、コインランドリーで済ませていました。

 

最初のうちは、パリ特有の冷たい視線に緊張していたようですが、

顔見知りができ始めたとき、彼女のフランス語も急激に上達したらしいのです。

 

そんな時、一人の老女と出会います。

70歳は優に超えているようですが、杖をつきながら、いつもハイヒールを履いていたそうです。

身なりも上品で、冬には優雅な毛皮のコートをまとっていたそうです。

老女と彼女は、徐々に親しくなりました。

 

「この女性は、かなりお金持ちなのに、なぜコインランドリーなんかにいるのだろう?」

と不思議に持った、若き留学生は、

「訊いてはいけない理由がきっとあるのだろう」と、それを尋ねませんでした。

 

ある日、老女は彼女を自宅に誘います。

彼女は二人分の乾いた洗濯物を持ちながら、老女の自宅まで歩きますした。

杖をつきながら歩く、ハイヒールの老女の歩幅に合わせてゆっくり歩くうちに、彼女はなんとなく少し心配になってきたそうです。

 

とりとめもない会話をしながら、ある角を曲がると

「ここよ」

と彼女が杖を指した建物は、本当のアパルトマンでした。

本来、パリで「アパルトマン」と呼ばれるものは、単なる高級賃貸物件ではありません。

様々な規制があり、歴史的価値を含む、認定された建築物なわけです。

オーナーがそれを売買する事はほぼなく、賃貸も空きが出る事は稀なのです。

 

ドアマンが、きちんとした身なりで「お帰りなさい、マダム」と挨拶するような、そんな建物です。

古いスケルトン形式のエレベーターで、最上階の8階に上がります。

部屋のドア開けると、天井高は5メートルくらいはあり、全体にアールデコの装飾が施されていました。

完璧なフランス語を話すアジア系のメイドが一人。

年は老女より少し若いくらい。

老女はメイドを「ニャン」と呼び、その二人住まいのようです。

 

学生の彼女からすれば、この老女の裕福さは、想像を超えていました。

しかも、老女はこの建物自体のオーナーであるらしい事が分かります。

 

「うちのメイドも、特にする事ももうないのよ。家族みたいなものだし、部屋も余っているから、通いではなくて住み込みにさせたの。お互いもう年だしね」

 

学生はますます混乱します。

老女はなぜ、コインランドリーに通っているのでしょう。

 

「ニャン、この日本のお嬢さんに、紅茶をお出しして」

 

ライラックの花を数十本はいけた花瓶を左右に配した、分厚い生地のソファに座りながら、マダムはタバコを吸い始めました。

 

「あなたがタバコを嫌いかは、私は気にしないから、あなたもわたしのタバコのことは気にしないでね」

 

もう、なにがなんだか分からない世界に入ってしまったようでした。

 

                (つづく

 

(そっとあちこちクリックしてみていただくと、本気で嬉しいです)  

死刑台のエレベーター ブルーレイ版 [Blu-ray]

死刑台のエレベーター ブルーレイ版 [Blu-ray]

 
スピリット・オブ・ヒーリング?バリ

スピリット・オブ・ヒーリング?バリ