CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

愛しのシャーロット その1 フランスのお話

f:id:gemini-yahata:20170616190945j:plain

これは、フランス人から聞いたのではなくて、

フランスに嫁いだ、ボクの仕事の先生だった日本女性から聞いた話。

 

まだ彼女が日本にいて、フランス人と、超遠距離恋愛だった頃、

 

「パリですごく印象的だったことがあるの」

 

 

と、仕事が終わった、夜も遅い時間。

 

今、彼女が住んでいるのはパリではありません。

もっと北のル・アーブという町に住んでいるはずです。

彼女の名前はマダム・アルコ。

日本名は、晴子さんと言う人。HarukoのHは発音しないので、アルコ。

少なくとも、旦那さんのアランさんは、そう呼んでいました。

今も、お元気であれば、夏の日には浴衣を着て、ノルマンディーの海岸を散歩しているはずです。

 

そのマダム・アルコが、パリのデパートで買い物をしていた時のこと。

5〜6歳くらいの女の子とお母さんが、子ども用のドレスを選んでいました。

 

「ねえ、シャーロット、このドレスはピンクとブルーとどちらがいいと思う?」

「ママン、私は女の子だから、ピンクがいいわ」

「なんですって!あなたは今なんと言ったの?」

「ピンクがいい。。」

「そこじゃなくて、その前!」

「女の子だから」

 

アルコさんは、まあそりゃそうだよね。お母さんは変わった人かしら?とか思っていたそうです。

 

「女の子だからピンクなんていうのは、バカがいう事です」

「じゃあ、ブルー」

「そうやって、ブルーを選ぶのも、バカがする事です」

 

もう、女の子は混乱して、いまにも泣きそうです。

 

「これはあなたにとって大切なドレスなの。あなたの瞳の色や、髪の毛の色、いろんな事を考えて、選ばなくちゃならないの」

「ママンはどっちがいいと思ってるの?」

「質問に質問で返すのは、ママンに対して失礼ですよ!」

 

これはすごい事になった、とアルコさんは思ったようです。

日本であれば、自然とピンクで納得する場面です。

しかし、このママンは容赦ありません。

 

「好きなものを着ていいなんてのは、全くの嘘です。どう見られたいか、どう見られるか、それを考えないと人間はバカになりますよ」

「私の瞳はブルーだけど、髪は今はブロンドだわ、ママン」

「そうそう、続けて」

「でもおばあちゃんが、髪の色は変わるよって言ってた。ママンも昔はブロンドだったって」

「うん、そうよ」

「私は、ブロンドであるうちに、似合う色がいいわ」

「なるほど」

「瞳とバランスのいいブルーにするわ」

「じゃあ、あなたは、今選んだのね?」

「そうよ、ママン」

「ママンが、最初にピンクを拒否したからじゃなくて?」

「ダメよママン」

「なにが?」

「それはバカがする事なんでしょ?」

「よろしい、じゃあ、ピンクを買いましょう」

「えっ、ブルーじゃないの、ママン?」

「あなたが欲しいものを買うに決まってるじゃないの、可愛いシャーロット!」

「ママン、大好き!」

 

この強烈なママンは、何をしたかったのでしょう?

「考える事」を教えていたのでしょうか。

それとも、圧倒的な支配欲なのでしょうか?

 

どうやら、フランス特有の感覚があるようです。

アルコさんは、現地で出産します。

その育児の中での出来事は、この話と絡むと見えてくるのです。

 

                (その2につづく

 

できれば、あちこちクリックしていただけると助かります。。 

シャーロットのおくりもの

シャーロットのおくりもの