CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

そうだ!八百屋さんにきいてみよう! その1

 

f:id:gemini-yahata:20170613210303p:plainご協力 #神戸市灘区水道筋商店街 #丸杉商店のミカさん

 

お刺身を食べたくなった。

どうせなら、とびきりおいしいお刺身を食べたい。

神戸にもおいしいお刺身はあるに違いない。

ではどの店に買いに行くべきだろう?

 

そもそも、ただお刺身を買いに行って、

さらにおいしいかどうかなんて、

見分けられるものなのだろうか。

魚屋さんに行っても、

見ただけではある程度しかわからない気がする。

そんなことを、ぼんやり考え続けていたら、

空から答えがとつぜんふってきた。

 

「そうだ!八百屋さんにきいてみよう!」

 

でも、なぜ八百屋さんなんだろう。

そこで、さらに考えてみた。

 

ベンツの悪口はレクサスに行けば聞けるだろうし、

レクサスの悪口はベンツに聞けばいいはずだもの。

きっと詳しいはずさ。

 

なるほど!

 

街角のコーヒーショップで、

おいしいコーヒーの他の店をきくのは、

失礼を通りこして、怒られんじゃないかな。

 

間違いなく気まずくなるな。

なるほど!

 

和菓子屋さんのオススメのケーキ屋は、

おいしいに違いない。

ケーキ屋さんオススメの蕎麦屋は、

これまたおいしいに違いない!

 

なるほど!

 

だったら、生ものをあつかうプロで、

しかも客としてもお刺身を買う人、

それは誰だ?

 

八百屋さんだ!

 

きっと、厳しいプロの視線で、

お刺身を見きわめているはずだ!

 

私は「これは正しい!」と確信して、

八百屋さんに行くことにした。

 

 

というわけで、八百屋さんに、

おいしいお刺身の見分け方をききに行くことになった。

              (その2 につづく)

 

 (できれば、あちこちクリックしていただけると助かります。。)

 

 

ハーバードの“正しい疑問”を持つ技術 成果を上げるリーダーの習慣

ハーバードの“正しい疑問”を持つ技術 成果を上げるリーダーの習慣

 
ピアノを弾くということ。―ピアニストは八百屋さん?

ピアノを弾くということ。―ピアニストは八百屋さん?